英語でも怖くない!HOT TOPICで買い物しよう~ジェリコ・バレクラグッズ等~

★あらすじ★
先日、レスリングどんたくにて内藤哲也を襲撃したクリス・ジェリコ。彼が着用していたシャツ、そこにはLISTA INGOBERNABLES de JERICHO(リスタ・インゴベルナブレス・デ・ジェリコ=ジェリコの制御不能なリストの意)という文字が刻まれていた…!

 

前置き

というワケで、生粋のジェリコホリックである筆者は考えるより先にHOT TOPICのサイトへ。

HOT TOPIC(ホットトピック)とは、日本で言えばどことなくヴィレッジヴァンガードに似たサブカルコンテンツ満載のお店である。現地店舗ではMarvelやスターウォーズ、ウォーキング・デッド等のアメコミ・ドラマグッズ等に加え、ポケモンにドラゴンボール、セーラームーン等、日本のアニメグッズすら販売されていたのが印象深い。

 

なんか聞いたことあるな…と思ったそこのプロレスファンのアナタ!そう、HOT TOPICにはWWEのシャツやフィギュアも取り扱われている…だけでなく、何とバレットクラブをはじめとした新日本プロレスのグッズまで販売されているのだ(ちなみに、ヤングバックスが取ってきた契約である)。

 

HOT TOPICには限定グッズも多い。前回ジェリコが新日本に登場した際のアルファクラブシャツも、ヤングバックス&コーディ&マーティ&ペイジの”Being the ELITE”エイプリルフール企画シャツもこのお店の専売である。そして言うまでもなく、リスタインゴベルナブレスデジェリコシャツもその例に漏れない。

つまり、海外レスラーを愛するプヲタ的には、HOT TOPICはTeesの次に抑えておきたいサイトとなりつつあるのだ。

 

以前、サイトの読者の方からの「TeesやHOTTOPICで物を買いたいが、英語が分からないから諦めた」という声を耳にした。言語の違いを理由に推し選手のグッズを手に入れることが出来ないのは、ファンとしても、選手の側としても非常に勿体ない、悲しいことだろう。

 

そこで当記事には、私の買い物ついでに「HOTTOPICでの買い物の仕方」を書き記しておこうと思う。この記事が「英語が得意ではないが、英語を話す選手が好きなプヲタ」の助けになれば幸いである。

 

手順①〜商品ページにたどり着こう!

では、実際に見ていこう。なお、全てのページにおいて「押さなければ進まないボタン」には★マークをつけている。


これがHOT TOPICのトップページ(05/05/18現在)である。
画像内にも書き込んだが、画面上部、タイトルロゴの下に位置する白いバーが検索窓だ。今回はそこにそのまま「Chris Jericho」と打ち込み、そのまま検索。
(勿論、推し選手の名前を打ってくれて構わない。その他、「WWE」や「NJPW」、「wrestling」等のカテゴリワードで検索することも可能)

 

すると、下のような画面になる。

ここから左下のリストシャツをタップすると、商品詳細ページに行くことができる。

 

これが商品詳細ページである。項目順に軽く説明していくと、
①:商品の価格
見ての通り、シャツ1枚の単価である。今回で言うと、24.90ドルが19.92ドルにディスカウントされている。ちなみに05/06時点のレートでは、日本円で2,173円。超安い。

②:商品のサイズ
海外サイトのため、無論サイズはアメリカサイズ。普段よりワンサイズ小さいものを選ぶのが無難…なのだが、過信は禁物。
「size」の横、「size fit & guide」という項目をクリックすれば各サイズ毎の胸囲・ウエストなどが全て記載されている。掲載数値の単位はインチであるが、ググれば何センチかもすぐにわかる。万全を期するあなたに。

③商品の数量
Tシャツを購入する際、1枚のみを購入する人も多い…いや、ほとんどだろう。今回は無難に「1」を選択した。

④カートに入れる
そのまま、カートに入れるボタンである。上記のことが全て確認できればこれを押して進もう。

 

画面上の黒いタイトルバーの右端、白いショッパーマークに「1」という文字が浮かんでいれば、カートに商品を無事追加することができたということである。

 

手順②〜注文の手続きをしよう!

上記のカートボタンを押すと、下記のような画面になる。


ここにはカート内の商品の一覧やその小計が記載されている。以下項目順に説明する。
①:購入手段の選択
PayPalのアカウントを持っていれば、ログインするだけで支払いを済ませることができる。PayPalの利点は事業者側にクレジットカード番号を知られないで済むこと…等諸々。今後も海外サイトでの通販をしたい、と思うならば登録しておいて間違いはない。日本語で登録が可能だったはず。
なお、今回の記事においてはPayPalを利用した。
右の「checkout now」ボタンを押しても、次画面で「checkout as a guest」ボタンを押せば行き着く個人情報入力フォームは同一。おそらくはその後、クレジットカード番号を入力するフォームがあると思われる。

②:注文の概要
商品を複数点購入した場合、ここに商品代金のみの小計(subtotal)が表示される。送料(shipping)は後々、住所を入力した後に確定する。税金(tax)は120$?あたりを超えないとかからなかったはず(うろ覚え)。シャツを2、3枚…という人は特に気にする必要はない。

③:配送方法
当初の選択のまま、「家に送る」(ship to home)でOK。

④:精算へ
チェックアウトへのボタン。支払いや個人情報の入力へと向かう。

 

いよいよ個人情報の入力へ…

 

sponsored link