ジョーダンが負傷、IMPACTを去るラシュリーの今後、IMPACTとマハルの叔父が契約、エドワーズの状況

01/15のまとめ

 

先週末にテキサスで行われたライブイベントを欠場したジェイソン・ジョーダン。その理由は不明のままでしたが、どうやら負傷していたようです。

以前として負傷の程度や今日のRAWに現れるかどうかは分かっておらず、続報が待たれます。

(PWI)


連日続くIMPACTの話題ですが、やはりボビー・ラシュリーもEC3やクリス・アドニス、ローレル・ヴァン・ネスといった退団者リストに名を連ねることとなりました。

ラシュリーのIMPACTとの契約は正しく昨日で完全に終了したそうです。以前もお伝えした通り、WWEはEC3だけでなくラシュリーの復帰にも関心を持っています。依然として本人の復帰への意志は不明なままですが、とにかくWWEは彼の復帰を門戸を開けて待っているとのこと。
ラシュリーは2度のECW王者であり、US王者や6度のTNA世界王者にも輝いているほか、べラトールでも15-2の好成績を修めています。

また、IMPACTは昨夜の退団試合においてラシュリーに勝利したブライアン・ケージをEC3とラシュリーに代わる新しいスターとして考えているようです。

(prowreslingcom+F4OW)


去る者あれば来る者あり、ということでIMPACTは本日、カナダインド人レスラーのガマ・シンとの契約を発表しました。

なんとこの方は御歳63歳。そして元WWE世界チャンピオンの現役SDLロースター、あのジンダー・マハルの叔父さんだということ。
シンは過去にカルガリーのスタンピードレスリングでトップヒールの一角であったほか、日本を含む様々な国で試合をしてきたインターナショナルなベテランです。
上記動画内での「自分が蓄積していた様々な知識を次代のインディー選手達に伝えたい」といった発言を見る限り、マネージャーとしての起用となるのか?

(sportskeeda)


昨日お伝えしたエディ・エドワーズの負傷ですが、CTスキャンの結果、鼻の骨を含む顔面の骨を数本骨折していたようです。
また、エドワーズは今夜のIMPACTにおいて、真っ黒に腫れた目で観客の前に現れました。


キャリアに関わるような怪我でなかったことは幸いですが何とも痛々しい様子。リング復帰には今しばらく時間を要することになりそうです。

(prowrestlingcom+wrestlingnewsco)

 

sponsored link