AEWウィークリー番組の初回放送日時が10月2日午後8時~に決定!放送局・TNTの親会社であるワーナーメディアの声明全文、「スポーツ分析を導入し、よりリアルなプロレスリングを」

photocredit: AEW

AEW放送は10月2日からスタート!

年始のAEW発足宣言から半年以上。7月も終わろうかという今日の日に、ついにTNT & AEWからウィークリー番組の公式発表第一弾がなされました。

プレスリリースは以下の通りです。

 

「TNTは10月2日水曜日より、All Elite Wrestlingのウィークリー番組の初演放送を行います。

 

7月24日─ワーナーメディアは本日、新しいプロフェッショナルレスリングのリーグであるAEWの放送が10月2日午後8時~10時の間において開始されることを発表します。

 

アクションに溢れ、大いに期待されるこのショーは、初回はワシントンDCの誉れ高いキャピタル・ワン・アリーナから始まり、アメリカ中の違う都市を横断しながら開催されていくことになるでしょう。チケット価格と発売日は7月29日月曜日の正午にAEWのソーシャルメディアを通じて発表される予定です。

 

AEWは世界レベルの多種多様な男女で構成されたロースターを擁しており、ファンにここ20年感じ得なかった新しいレスリング・エクスペリエンスを提供していきます。

 

社長兼CEOであるトニー・カンの出資の下、AEWはコーディ & ブランディ・ローデス、ヤングバックス(マット & ニック・ジャクソン)、ケニー・オメガ、ハングマン・アダム・ペイジ、クリス・ジェリコ、そしてジョン・モクスリーといった選手達を目玉とし、更にはナイラ・ローズやオーサム・コング、ダスティン・ローデスにジャングルボーイ、Dr.ブリット・ベイカー、MJFやSCUをはじめとした素晴らしく才能に溢れた選手達も多く在籍しています。

 

加えて、リング上でのタレントだけでなく、コーディ、ヤングバックス、ケニー・オメガは副社長を、ブランディ・ローデスはチーフ・ブランディング・オフィサーを務めています。著名なコメンテーターであるジム・ロスも本リーグに所属しているのです。

sponsored link

AEWはハイスピードと力強いヒットに重きを置き、リアルなスポーツ分析を取り入れることでよりアスリートライクなプロレスを提供していきます。また、レスラー達は彼ら自身のキャラクターの探求とスキルの披露への自由が与えられています。

 

AEWではプロフェッショナルレスリングとしては史上初となる、”統計”を導入します。選手たちがチャンピオンシップを追い求める道中のそれぞれの勝敗を追うことで、AEWの試合への注目を上昇させます。レスラーのムーブや相手へ与えたダメージも分析され、彼らの勝利への見通しを供給します。

 

ワーナーメディアは5月以降、ファンに向けてAEWの過去興行を独占配信してきました。凄まじい人気を誇るDOUBLE or NothingやFYTER FEST、Fight for Fallenは全てB/Rライブ(※アプリ名)にてストリーミング配信が行われています。

大きな期待を背負いながら、8月31日土曜・シカゴにて開催されるALL OUTもそこで配信されるでしょう。B/Rライブの高いファンとのエンゲージメント率は、AEWの観客を構築し、視聴者数の拡大に繋がる非常に貴重な機会を提供しています。」

 

今回の発表では、番組名や国外への配信方法について触れられることはありませんでしたが、前者に関しては、来週中に発表されるという噂もあります。

 

▽公式トレーラー第一弾

 

ちなみに本日、AEWの発表にぶつけるかのようにWWEはネットワークのUI・システム等の大幅改良を発表しています。そちらに関してはまた後日…

 

sponsored link