[随時更新中]AEW DOUBLE or Nothingラリー生中継情報・PAC参戦、選手の健康保険?、ジェリコとNJPW・WWE日本の女子選手も参戦?、中国OWEとの提携、新たな契約選手など

Photocredit : BTE
AEW DOUBLE or Nothingラリーのイベントより、主なトピックをまとめております。https://youtu.be/XSXYPn_VnDk

 

□ビリー・ガンがAEWのプロデューサーとなることが発表されています。

 

□初のPPVであるDOUBLE or Nothing は19年5月25日、ラスベガスのMGMグランドで行われるそうです。

 

□ヤングバックスにより、中国の団体であるOWEとの提携が発表されました。OWEは言うまでもなくCIMA率いる#STRONG HEARTSの属する団体であります。ドラゴンゲート・PWGの頃からの縁でしょうか?

 

□チーフオフィサーであるブランディ・ローデスはAEWにウィメンズ・ディビジョンが存在することを発表。選手としてはブリット・ベイカーとの契約が明かされました。また、先週東京で複数の女子選手と会談を行なったとも発言。
その際、男女間に賃金格差は無いことが明言されています。

 

□その他には、MJFやジョーイ・ジャネラ&ペネロペ・フォードの契約が発表されました。これらの新規契約選手は皆ALL INに参戦していました。

 

sponsored link

□ハングマン・ペイジが初代AEWチャンピオンになる構想を語っていると、そこにPAC登場(何故かギアで)!どうやらDoNでのハングマン vs PACに繋がる模様

 

□そしてクリス・ジェリコが登場し、「俺はAEWにALL INだ」と全面参戦を表明!「俺達は世界を変えるだけじゃない、宇宙そのものを変えるんだ!」


(□なお、WWEのサイト上ではジェリコの情報が現役選手欄から過去の在籍者に移されるなどの変化が生じています。

□ジェリコは新日本プロレスとの契約を一応終えているようですが、両者は棚橋弘至戦の実現に向けて交渉中だそうです。)

 

□DoNの次の興行はホームであるジャクソンビルで行われ、その収益は同地域で起きた銃乱射事件の被害者支援に使われるそうです。

 

□プレスインタビューにて、オーナーのトニー・カンはAEWの全従業員の健康保険問題についても近いうちに対応していきたいと語りました。
選手の健康保険は度々話題に上るトピックであり、最近ではニック・ジャクソンも健康保険の必要性を訴えていました。もしもこれが本当に実現すれば、レスリングビジネスでも史上初のホワイト企業として歴史に残ると思われます。

 

sponsored link