【特報】オール・エリート・レスリングという新団体とは?ケニーオメガやヤングバックス・ELITEの進退、クリスジェリコ、PPV名やまさかの”ウィークリー番組名”

Photocredit : wrestlingnewsco

 

AEWという存在

WWEが1月に大規模リクルートを行うという噂もある中、超トップインディースターであるELITEの去就が注目されています。

彼らはWWEに行くのか、それともROH/新日本プロレスに残留するのか?……なんて大前提を根底からひっくり返す大ニュースが報道されています。

 

アメリカでALL ELITE WRESTLING.LLC(オール・エリート・レスリング合同会社)によって申請された商標が話題になっています。

 

実際にAEWによって申請された商標は以下の通りです。

– AEW Double Or Nothing

– AEW All Out

– AEW

– Tuesday Night Dynamite

– ALL OUT

– Double Or Nothing

– All Elite Wrestling

ダブル・オア・ナッシングは元々ALL IN2の名前として噂されていたものでした。なお、この興行はラスベガスで行われるようです。

そして特筆すべきはチューズデー・ナイト・ダイナマイトという商標。彼らはもしかするとマンデー・ナイト・RAWに対抗したウィークリー番組をも行おうとしているのかもしれません。

sponsored link

 

これらの商標は、ジャクソンビル・ジャガーズの共同経営者であるトニー・カンを中心に、ジム・ロスやクリス・ジェリコ、ヤングバックス、コーディ・ローデス、ケニー・オメガ、マーティー・スカル、ハングマン・ペイジをメンバーとして興される新団体の噂を一層盛り上げるものとなっています。

ちなみに、AEWの住所はジャクソンビル・ジャガーズの本拠地であるスタジアムになっているそうです。スタジアムの所有者はカンの親族だとか。

 

ジェリコもジムロスも、これまでに何度か新団体の噂を否定していますが、ELITEはこの件に関しては黙りを決め込んだまま。BTEのカウントダウンはこのことなのでしょうか?

現時点で報道されている通りに全ての物事が上手くいくとすれば、WWEはWCW以来の”強敵”を迎え撃つことになるかもしれません。

 

(wrestlingnewsco)

 

sponsored link