カートアングル引退試合の相手はこのままコービン確定?カートは不満?、ジョンシナのレッスルマニア35、マッキンタイアが病気?

バロンコービン カートアングル
Photocredit: WWE

03/20のまとめ

 

どうなるカート・アングルの引退試合

今週のRAWにて、レッスルマニア35で行われる自身の引退試合の相手がバロン・コービンであることを発表したカート・アングル。

これには現地の観客達も思わず唖然としてしまいましたが、このカードはカート本人の希望を反映しているのでしょうか?

 

結論から言えば、その答えは勿論”No”です。

カートはより話題性のある選手との対戦を望んでいたそうで、今回の「自分で選んだ」かのような発表劇は全て脚本によるものだったとか。

 

カード発表を聞いた時、多くのファンが「とか言いつつ、どうせ直前にサプライズ交代があるんでしょ?」と感じたと思います。

しかしながら何と現時点では「カート vs コービンは100%行われる」という程に確定したカードとされているそうです。

 

なお、カートは以前、好ましい引退試合の相手として「AJスタイルズ、ジョン・シナ、ブラウン・ストローマン、サモア・ジョー」らの名前を挙げていました。

 

勿論レッスルマニアまでの数週間に変更が生じる可能性は十分にあると思われます。これだけ団体に貢献してきたレジェンドの引退のですから、綺麗な形で送り出したいものです。

(PWI)


WM35におけるジョン・シナの役割

一方上記で名前が挙がったジョーはWM35においてレイ・ミステリオを相手にUS王座戦の防衛をすることが発表されました。

 

この発表にも驚いたファンの方々も多かったのではないでしょうか。

US戦線では前チャンピオンのRトゥルースがシナの名前を度々口に出し、オープンチャレンジを開催する等のストーリーが走っていました。そのためシナはここに入るのでは…と言われていたのですが、結果はこの通りとなっています。

sponsored link

 

なお、ミステリオは”プリンス・ミステリオ”という名を商標登録したそうです。これは息子であるドノミクの名前となると言われています。

ちなみに、このカード変更を受けて元々WM35で予定されていたレイ・ミステリオ vs アンドラーデのシングルマッチはボツになってしまったそうです。悲しい

 

次にシナが関わりそうなカードといえば、やはりカートの引退マッチ…と思いきや、その枠さえ埋まってしまいました。

というわけで、シナのWM35における対戦相手や役割は全く不明だそうです。

(wrestlingnewsco+bodyslamnet)


マッキンタイア、病気に苦しむ?

今週のRAWにてセス・ロリンズとメインイベントを闘ったドリュー・マッキンタイアですが、どうやら健康状態に問題があるようです。

 

マッキンタイアは先週末のライブイベントの頃からかなりの体調不良を押して試合をしていたそうです。

彼が患っている病の詳細は不明ですが、PWI曰く「あんな病気を患った状態で、あれほどのパフォーマンスを発揮できるのが信じられない」といったレベルのものだそうで、早期の快復が祈られるところです。

(PWI)


今日の私的1行ニュース

〇ブロック・レスナー、10月以降のFOX体制SmackDownに宣伝される ★嫌な予感─!

〇WWEが本社機能を移転するとか

〇AEW副社長のコーディ・ローデス、”バトルハウス”や”バンクハウス・スタンピード”といったWCWのPPV名を商標登録申請する 同PPVは父であるダスティ・ローデスによって発明されたもの

 

sponsored link