ネヴィルが再び復帰交渉へ、キースリーとウォルターにオファー、ビーチボール持ち込み禁止、ジェリコの復帰時期

03/01のまとめ

 

ネヴィルがWWE復帰交渉を再開

RAWの会場を去って以来WWEに登場していないネヴィル。数ヶ月前には復帰に向けて交渉が行われたこともありましたが、その交渉もいきなり破談となる結果に。
しかしながら、ネヴィルの契約はダニエル・ブライアンの契約と同様、欠場中の期間は契約の消化には当たらない=WWE側が退団を拒んだ以上、大人しく契約期間分はTV放送にも登場する必要があるーというものです。よって退団のためには残りの契約期間の消化が必須条件となります。

 

そんなネヴィル、現在再びWWEと復帰交渉に入ったようです。話がどこまで進んだのかは不明ですが、このまま交渉が上手くいけば4月に復帰する可能性もあるとか。

(WOR)


キース・リーやウォルターらがWWEからオファー?

ここ数年、特にインディー選手の蒐集に熱を上げているWWE。今度は二人の大物インディースターに白羽の矢が立ったようです。

 

Update:ウォルターはオファー自体を否定しているようだが…?
元記事:キース・リーとウォルターは5月から始まるパフォーマンスセンターの講義に招かれているようです。
実際にリーは既に五月以降のブッキングを中止しており、WWE行きはほぼ確実と言っても過言ではありません。一方ウォルターは現在wXwと契約を結んでいるほか、自らレスリングスクールを運営していることからすぐにオファーを受けるかどうかは不明とのこと。過去には「WWEには興味がない」といった発言もありました。

 

また、二人以外にもラグビー選手のメンジーズとビドー、二人と同じくインディースターのジョー・コフィーにもオファーをかけているそうです。一体この内の何人がWWEと契約することになるのか?

(wrestlingnewsco)


ビーチボールがついにWWE会場持ち込み禁止リストに掲載

WWEの客席でしばしば目撃されるビーチボール。最近ではサマースラムの際に客席に走り込み豪快にビーチボールを破り捨てたセザーロの勇姿が記憶に新しいところですが、ついにWWE公式からお達しが出たようです。

sponsored link

 

レッスルマニアウィークツアーの参加者に送られてきた持ち込み禁止リスト。そこにはこれまで無かった「ビーチボール・バルーン類」の文字がありました。他にも従来のノートPCやビデオカメラに加えて「タブレット・ipad 」も禁止リストに入ったそうです。

この改訂が今後もずっと続くものかどうかは不明ですが、やはり選手達が身体を痛めている目前でビーチボールに興じる…というのはよろしくありません。このままルールが維持されることを願っています。

(WOR)


クリス・ジェリコのプロレス復帰はいつ?

WK12から二週間後、RAW25周年大会に出場して以降FOZZYとしてのツアーに出ているクリス・ジェリコ。
6月には再び新日本プロレスの興行(DOMINION)に出場し、内藤哲也とシングルマッチを行うとみられています。また、8月まではライブツアーが続くことから、WWEへの復帰があるならばそれは9月前後~になりそうです。

ちなみに件のクルーズは10/27~31に行われます。以前のインタビューではクルーズの宣伝としてROHへ登場する可能性をも匂わせていたジェリコ、下半期はどこの団体に上がるのか注目です。

(WOR)


今日の私的1行ニュース

○WM34で報道通りサーシャvsベイリーが行われるとなると、WMにおいて初めてノンタイトル通常ルールで女子シングル戦が行われることとなるそう
○リヴ・モーガン、サラ・ローガンとサーシャ・バンクスに手を握られながら太腿をひと針縫う
○ビアンカ・ブレアーがNXTハウスショーでエンバー・ムーンのエクリプスを受けるのに失敗、頭を強く打ったのかフィニッシャーをカウント2で返してしまうもゴングも曲も流れてしまいyou fucked upチャントを受ける ブレアーはそれ以降のツアーを全欠場、怪我の程度は不明
○マット・ハーディーとブレイ・ワイアットの抗争はついにファイナルデリーションマッチで最終決着する模様

 

sponsored link