ベストフレンズは今週末にも新日本プロレスを退団か・行先はやはり…?、ヒデオイタミの現在の状況等まとめ、WWEをも驚かせたジェリコとAEWの契約金

Photocredit :私

19.01.31のまとめ

 

ベストフレンズも新日本プロレスを退団か

新日本プロレスにバレッタ & チャッキーTの名で参戦中のトレント・バレッタとチャック・テイラー、すなわちベストフレンズが新日本プロレスを退団するとの噂が報じられています。

 

レスリングオブザーバーのデイヴ・メルツァーによると、バレッタは新日本プロレスから大きなプッシュと年間出場日の保証を約束する新たな契約をオファーされていたそうです。

そしてバレッタはそれに口約束で同意していたようですが、色々あって結局団体を去ることを決めたと言われています。

なお、彼らは既にブッキングされているNew Beginning USAツアーを終え次第団体から離脱するとのこと。

 

ベストフレンズとELITEの良好な関係から考えてか、メルツァーやwrestlingnewsco等のサイトは彼らの行き先をAEWと見ています。果たしてどうなるのでしょうか?

(WON)


退団申し入れのヒデオ・イタミの今後

イタミはWWEでの自身のポジションやクリエイティブ的な面に不満があり、退団要求を行ったと言われています。

 

ブッキングされていた最後のショーにあたる今週の205liveの収録が終わった後、イタミは皆に別れを言って回ったようです。
ちなみに、最後の試合の相手は同じ日本人の戸澤陽でした。

退団者に異常に過敏になっているWWEがイタミの退団をすんなり許したのは、退団の理由として「日本に帰るため」と語ったからだと言われています。

 

これからイタミは解雇通知書を受け取り、90日間の競業避止義務期間を過ごさなければいけません。おそらく次の行き先になるであろうプロレスリング・ノアへの復帰はしばらく先になりそうです。

(PWI+WO)


WWEを驚愕させたジェリコの契約金から見るAEWの資金力

クリス・ジェリコがAEWから受け取った契約金はWWE内部の人々に衝撃を与えたそうです。

それはジョン・シナやブロック・レスナーに匹敵するまでではないが、給与リストのトップに名を連ねる程だとか。

 

AEWの資金は億万長者のシャヒド・カンによって捻出されています。また、彼らはタレントの獲得に対しては費用を抑える気はないようで、これからもWWEや新日本プロレス等の他社と激しい競走を繰り広げていくことになりそうです。

 

また、次の契約選手はDDTに断続的に来日しているサミー・ゲバラとスターダムに来たことがあるカイリー・レイ(現AAW女子王者)と言われています。どんどん豪華になりますね…

(WON)


 

sponsored link

Related Post

sponsored link