【速報】ダニエル・ブライアンについに復帰許可、WM出場か?、アルティメットデリーションマッチあれこれ

03/20のまとめ

 

ついにダニエル・ブライアンに現役復帰許可が下りる

度重なる脳震盪により2年にも及ぶ長期間を選手ではない1タレントとして過ごしたダニエル・ブライアン。引退スピーチを行った後、「自分が去ることになったリングを近くで見続けるのは辛い」という理由で当初はGMのオファーすら断り、メディア上ではインディー団体での試合復帰について度々示唆していました。そんなブライアンについにWWEでの試合復帰許可が出たそうです。

 

そもそもブライアン自身は遥か昔から外部の医師によって復帰許可は出ている、という旨の主張を続けていました。しかしながら、あくまでも脳震盪問題に慎重なWWE側の医師は決して復帰許可を出しませんでした。そのためブライアンはこの二年の間マルーン医師を筆頭としたWWEの医療チームと交渉を重ね、高気圧酸素治療など改善の可能性があるありとあらゆる治療法を試したそうです。

 

この決定により、レッスルマニア34においてシェイン・マクマホンと組んでケビン・オーエンズ&サミ・ゼインと対決する…という当初の噂の実現性はグッと高まりました。また、9月23日に終了する予定のWWEとの契約にも延長の可能性が出てくるかもしれません。

(WOR)


アルティメットデリーションマッチあれこれ

昨日のRAWでオンエアされたマット・ハーディーvsブレイ・ワイアットのアルティメットデリーションマッチ。RAWのタグを差し置き長時間twitterのトレンド1位に君臨し続ける等、なかなかの好評を博しました。

sponsored link

 

そんなアルティメットデリーションマッチですが、マイケル・ヘイズ総監督の下、つい先日WWEと契約したばかりのファイナルデリーションマッチクリエイティブの一人であるジェレミー・ボラッシュも関わり2週間前に撮影されたようです。また、マットの妻のレビー・ハーディーが撮影・編集した映像や作曲した音楽が多く使用されているとのこと。

 

また、この試合に敗れてしまったワイアット。どうやらこれからしばらくの間テレビ放送を休み、ギミックチェンジをすることが検討されているそうです。その期間は長ければ1年にもなるとか。最後にワイアットが落ちた湖はレイク・オブ・リインカーネーション(=輪廻の湖)。確かにギミックチェンジの口実には最適かもしれません。ジェフもこの湖に沈められる度に人格変わってたし…

 

映像にワンカットだけ登場したジェフ・ハーディーですが、どうやら従来の予定通り現在パフォーマンスセンターでリング復帰に向けてのトレーニングをしているようです。

(WOR+RSN)


今日の私的1行ニュース

○ビッグ・キャス&サモア・ジョーがもうじき復帰
○NOLAのGCWにてジェームス・エルスワースvsマット・リドルが実現

 

sponsored link