【衝撃】AEW初代王者のクリスジェリコ、ALL OUTから数時間後にAEW世界王座のベルトを盗まれていた ウィークリー放送初回はどうなる?警察の報告書やジェリコ本人の声明全訳

クリスジェリコ AEW ALLOUT AEW世界王座
photocredit: AEW

ジェリコのAEW王座、まさかの盗難被害に遭う

先日AEW ALL OUT PPVのメインイベントにて、ハングマン・アダム・ペイジ相手に勝利し初代AEW世界王者の座に輝いたクリス・ジェリコ。そんなジェリコが驚くような事件に巻き込まれているのが明らかになり、ネット上は騒然としています。

 

何と前回PPVから数時間と経たない内にAEW世界王座のタイトルベルトそのものを盗まれてしまっていたというのです。無論アングルではなく。

 

 

「被害者は「ロングホーン・ステーキハウスにて食事を摂っている間にプロレスのチャンピオンシップベルトを盗まれた」という内容で盗難届を出した。

被害者は(※ショーが行われたシカゴから)ミリオネア・クラブ空港に到着し、その後レンタルリムジンでロングホーンに向かったと述べている。

被害者が食事している間、リムジンは再び空港へと走っていた。これは被害者が空港でそもそもの荷物を取り違えており、リムジンのドライバーがそれを取りに戻ったためである。

 

そしてリムジンは食事を終えた被害者を迎えに行き、そこで被害者はベルトが無くなっていることに気付いた。電話に応対し現場に臨場した刑事捜査課の警察官や鑑識はリムジンや空港を捜索したが、良い結果は得られなかった。

 

被害者:クリストファー・”ジェリコ”・アーヴァイン」

 

以上がフロリダ州タラハシーの地元警察が出したレポート全訳なのですが…凄い話ですね。ベルトが返ってくればそれに越したことはありませんが、そうならないケースについての考慮も必要です。

 

ファンの間では「10月2日のウィークリー放送初回をベルト無しで迎えるのではないか(※通常タイトルベルトの制作には6~8週間かかるので)」といった噂が飛び交っていました。

が、レスリングオブザーバーのブライアン・アルバレスの「AEWはスペアのベルトをもう一本有している」という発言により、その問題は解決しています。

 

※冒頭凄く回る風車やシャンパンをグラスに注ぐだけ注いで結局ボトルから直飲みするシーン、必見です。

 

「俺はAEW世界王者のクリス・ジェリコだ。俺が人生でもトップクラスにキツい試合を終えて顔に血を滴らせながら初代チャンピオンの座に輝いてから24時間もしない内に、モラルの無いクソ野郎が俺からAEWのチャンピオンベルトを盗みやがった。

 

今、俺はこうしてビューティフルなマンションでゆっくりしながらもしそのクズが目の前にいたらどうしてやろうか…なんて考えて過ごしてるよ。

 

この犯罪行為を働いた奴を見つけ出すために、個人的に親交のある世界中の捜査官を起用した国際的な捜査部も立ち上げた。俺は必ずベルトを取り戻すことを約束する。AEWチャンピオンとして信用してほしい。そして今一度俺に”thank you”と言うだけの理由をお前たちに与えてやる。どういたしまして!」

 

sponsored link