アーンアンダーソン解雇の裏にアルコール依存症(?)のアリシアフォックスの存在、ディーンアンブローズのWWE退団の意思は固いのか?、Xサインで試合終了のASUKA・負傷の程は?

Photocredit: WWE

03/05のまとめ

 

アーンアンダーソンの解雇にはアリシアの影?

先日、18年間に渡ってWWEに勤めてきたアーン・アンダーソンが電撃解雇されたことが話題となりました。当時その理由は不明とされていましたが本日、そこにはアリシア・フォックスがかかわっていたという報道がなされています。

 

ある日のハウスショーにて、フォックスは酩酊した状態で会場に現れたそうです。本来ならその時点で出場停止となるべき案件ですが、この試合のプロデューサーを担当していたアンダーソンはフォックスの出場をそのまま許可。

ビンス・マクマホンはその判断を嫌い、アンダーソンを非難したそうです。結果として彼は解雇されてしまった、というのが事の顛末だった様子。

 

また、フォックスは先週のRAWのバックステージにおらず、2月10日のハウスショー以来試合もしていません。

先の事案との前後関係は不明ですが、フォックスはWWEよりリハビリセンター行きを提案されていたそうです。しかしながら彼女はそのオファーを拒否。そしてそのまま無断欠勤(?)しているとか。WWEの職員たちも彼女が今どこにいるのか、彼女がリハビリに行ったのかどうかもさっぱりわからないようです。

 

お酒に関して、フォックスは過去にも複数回に渡り危険な立場に立たされてきています。

 

2017年にはプッシュを受けている最中にもかかわらずショーに二時間の遅刻をしてきたり、昨年のレッスルマニアウィークにはロンダ・ラウジーの夫であるトラヴィス・ブラウンに突っかかったこともありました。彼女がちゃんと治療を受けられるといいのですが…

(WOR+wrestlingnewsco)


ディーンアンブローズの意思は固い?

退団を申し出て以降、決められたセリフの殆どをぶっ飛ばしたり中々ルナティックな振る舞いが目立つディーン・アンブローズ。ロマン・レインズが復帰した先週RAWからファストレーンPPVに向け、SHIELD再結成アングルが始まっていることは彼の退団意志に何か影響を与えることはあるのでしょうか?

 

レスリングオブザーバーのブライアン・アルバレスによれば、未だにWWE社内には「何だかんだアンブローズは契約延長してくれるだろう」という楽観的な見方がかなり根付いているそうです。どっかで聞いた話だな…

 

しかし本人の意思は固いそうで、昨日RAWのバックステージにいた情報源の人物は「確かに彼は契約が切れ次第退団する」と語ったとか。

また、今週のRAWではルネの「彼はより良い環境に移ることに〜」という文面と共に、初めてアンブローズの退団が実況チームに触れられています。

 

放送中でも度々出てくる”One last time”。彼の意思が揺るぐことが無ければ、SHIELDの再結成は文字通りこれが最後の一回でしょう。果たしてこの流れはレッスルマニア35まで続くことになるのでしょうか?

(WOR)


ハウスショーでASUKAにXサイン

昨日行われたスマックダウンのハウスショーにて、マンディー・ローズがリバース・フラップジャックをミスり、ASUKAを頭から首にかけての位置から接地させてしまったそうです。

 

その結果レフェリーはXサインを出し、試合はそこで終了に。アスカはスタッフの手を借りながらバックステージに戻って行きました。

 

後に、アスカはTwitter上で無事を報告しています。

 

https://twitter.com/WWEAsuka/status/1102780844731588608?s=19
「心配させてごめんね。背中を打ったけど、大丈夫。脳震盪でも首でもないよ」

 

この発言が真実なら、容態に問題はなさそうで何よりです。アスカはファストレーンPPVにおいでマンディー・ローズと対戦することが決定しています。

(wrestlinginc)


今日の私的1行ニュース

〇AEW所属ジャングルボーイの父、俳優のルーク・ペリーさんが死去 PWGの会場にもいらっしゃってましたよね……ご冥福をお祈りします。

〇キングコング・バンディが死去

〇中澤マイケル、まさかのAEWとの契約へ   今年一番驚いた

〇アレクサ・ブリス、オブザーバーによって負傷を指摘されるがTwitterであえなく否定

 

sponsored link

Related Post

sponsored link