アルベルトエルパトロンとビンスの密会・WWE復帰?、WMカードと噂、ハーディーvsワイアット決着時期、コーチマンのセクハラ容疑

03/06のまとめ

 

WMカード等RAW情報まとめ

本日のRAWではいくつかの試合が決定しました。
まずレッスルマニアのカードですが、ロンダ・ラウジー&カート・アングルvsステファニー・マクマホン&HHHのスペシャルタッグマッチと、ザ・ミズvsセス・ロリンズvsフィン・ベイラーのIC戦が正式にアナウンスされました。
IC戦に関しては、ラダーマッチ形式で行われる可能性、他の選手が加わる可能性が報じられています。ロマン・レインズ&ブロック・レスナー双方に不測の事態が起こらなかった場合、それはおそらくブラウン・ストローマンになるでしょう。

 

公式アナウンスではありませんが、今週のRAWではアレクサ・ブリスvsナイア・ジャックスとベイリーvsサーシャ・バンクスを匂わせるような描写が見受けられました。やはりアスカはシャーロットに挑戦するようです。

sponsored link

 

もう一つアナウンスされた試合がウォーキン・マット・ハーディーvsブレイ・ワイアットのアルティメットデリーションマッチ(IMPACT時代のファイナルデリーションマッチの焼き直し)です。
ハーディー邸で撮影されるこの試合は、WMまでのRAW通常回のどこかで放映されるそうです。

 

また、今週のRAWに現れなかったルネ・ヤングですが風邪が理由とのこと。今週末のファストレーンPPVまでには戻ってくるそうです。

(PWI+411wrestling)


アルベルト・エル・パトロン(デル・リオ)とビンスの密会

WWEではアルベルト・デル・リオの名で活動していたアルベルト・エル・パトロン。ウェルネスポリシー違反などの理由からWWEを退団し一年が経とうとしています。そんなパトロンですが、先週WWE本社を訪れ、そこでビンス・マクマホンと会っていたそうです。

 

会社を訪れたのはレイ・ミステリオに関する映像の収録のためだそうですが、そこでビンスと会っていたとなると話は変わってきます。
ビンスはパトロンのことをレスラーとしても個人としても買っており、社内でも一番のサポーターとして知られています。また、パトロンのIMPACTとの契約は3月いっぱいで終了する見込み(※IMPACTは契約更新を求めている)であることから、ビンスは本気でパトロンをWWEに復帰させるつもりではないかと言われています。しかしながら、現場で権力を増し始めたHHHは当然いい顔をしないと思われます。はたしてどうなるのか?

(PWI)


ジョナサン・コーチマンのセクハラ容疑

ついこの間WWEに復帰し、現在はRAWのアナウンサーを務めているジョナサン・コーチマンですが、元同僚にセクハラ行為を働いた容疑が持ち上がっています。

 

元ESPNホストの女性がESPNに対し起こしたセクハラ訴訟において、その女性は「職場での関係を個人の関係に持ち込もうとした(=関係を迫られた)」「コーチマンは過去にほかの従業員にもセクハラを働いたことがあるから気をつけろ、と周りの社員からも警告されていた」とコーチマンを糾弾。

 

本人はこれらを一切否定していますが、WWEは「この問題を非常に深刻に捉えており、現在調査中である」とのコメントを出しています。

(pwcom)


今日の私的1行ニュース

○コーディ&ヤングバックス自主興行「ALL IN」開催地は大方の予想通りシカゴで決定!今後の焦点は当然CMパンクの出場の有無
○ロンダはこれからWMまでの間毎週RAWに登場するよう
○WM後にクルーザー級にタッグ王座が設立予定
○オーストラリア10万人興行(仮)は10月上旬
○サウジアラビアで50人ロイヤルランブルを開催

 

sponsored link

Related Post