エンツォアモーレがPPVに乱入→連行の一部始終&バクステの反応&凶行の理由は?、AJスタイルズとWWEが契約交渉で揉めている?「退団も辞さない」?

Photocredit : twitter

11/19のまとめ

 

エンツォアモーレがサバイバーシリーズに乱入

何だかんだ本日のサバイバーシリーズでも話題となったのはあの男。つい先日も飛行機の中で電子タバコを吸い続け飛行機を追い出されたエンツォ・アモーレが今度はWWEに再来です。

 

エンツォは初め、最前列に座っていたようですが、セス・ロリンズ vs シンスケ・ナカムラの最中、テレビに映りやすい席(いつもの緑Tシャツの方と長髪のお兄さんの間)に移動してきます。

 

そして大人しく観戦していると思ったら…

 

ザ・バー vs AOPの試合中に急に暴れ出し、セキュリティに引き倒されて連行、そのままロサンゼルス市警にまで移送されたそうです。

迷惑なことに、セキュリティがエンツォを連れ出す際に女性客が腕を怪我してしまったそうで、これらの事態を重く見たステイプルズ・センターはエンツォの金輪際の出禁を通告したそうです。

ちなみに上記映像にも見て取れるようにエンツォは終始WWE時代のギミックとして振舞っていました。

 

バックステージではエンツォの件はそれなりに衝撃を与えたようです。社内の殆どの人はエンツォのことを忌々しく感じ、中でも数人の選手は憤りを隠せない様子だったとか。

sponsored link

 

なお、本日エンツォは元カノであるリヴ・モーガンにまつわる曲を含むアルバムをリリースしました。
そして明日行われる、自身初のソロコンサートを告知するためのフライヤーをステイプルズ・センターに駐車されていた車のワイパーに挟みまくっていったようです。

 

宣伝のための迷惑行為だったのでしょうか?とにかく、試合を真剣に観ているファンの迷惑になるような行為は慎んでもらいたいものです。

(PWI+wrestlingnewsco+WON)


AJスタイルズとWWEが契約交渉で揉めている

サバイバーシリーズの前に、AJスタイルズがダニエル・ブライアンにWWE王座を落とした背景についてお伝えしました。が、どうやら裏にはもっと深い理由があるようです。

 

AJ vs ブライアンのタイトルマッチは本来、レッスルマニア35で予定されていたものだったそうです。

にもかかわらずこのタイミングでこのカードを切ってきたのは、契約終了まで6週間を切る(※契約終了日は12月31日)中、契約更新が未だなされていないAJスタイルズとの契約交渉のせいだそうです。

というのも、WWEはAJに5年間のフルタイム契約を要求しているのに対し、AJはランディ・オートンのような準パートタイ厶スケジュールを、それも3年間で要求しているようです。

 

現状、数ヶ月に渡り両者の議論は平行線を辿っています。つまり、今回WWE王座から陥落したのは「AJがレッスルマニアまで団体にいるという保証がないから」ということになります。

 

AJとしては希望が通らなければ退団も辞さない構えだそうで、今後の進退が気になるところです。まあブライアン同様交渉戦略の一環なんでしょうけど、”新日本プロレスがWWEのトップ選手に向けて聞いたことも無いような額のオファーを出した”というニュースが思い出されなくも無い…かも?

(PWI+dirtysheets)


今日の私的1行ニュース

〇10月の興行を全欠場していたピート・ダン、脚を骨折していたとか テイクオーバーも終わり、これから数週間の静養に入るそう

〇ロンダ・ラウジーに激しい暴行を加えたのは負傷欠場アングルでしばらく休みを取らせるためか?

〇ラース・サリバン、どうやら昇格が近い模様

〇スコット・ドーソン、トペの際に足が引っかかり爆弾だらけの膝が悪化か?

 

sponsored link