エンツォ&キャスがG1スーパーカード・タッグ王座戦直後に乱入、TVは彼らを一切映さず、一連の流れはワークだったのか?

エンツォ ビッグキャス ROHに乱入
Photocredit: Twitter/ KingNJ90

エンツォ・キャスの乱入はワークだった?

本日大きな話題を呼んだのが新日本プロレス & ROH共催のG1スーパーカードでの”事件”。

 

 

タッグ王座戦直後、まさかまさかの旧名:エンツォ・アモーレ & ビッグ・キャスの二人が乱入したのです。

私などは普通にそういうアングルかと思っていたのですが、二人の姿は現場スクリーンにも映らず、TV放送にも偶然エンツォが”映ってしまった”程度のもの。挙句英語実況では「誰か有名になろうとしただけ」なんて売名行為扱い、つまり”迷惑な素人による放送事故”とされていたのが衝撃的でした。

 

言われてみれば二人はブリスコ・ブラザーズやバックステージから走ってきたブリー・レイとかなりハードヒットな殴り合いをしており、もしかしたらリアル?と思わせるシーンも度々ありました。エンツォには前科もありますし…。

sponsored link

しかしセキュリティーが彼らの排除に動く様子もなかったような気もします。ちなみに新IWGP・ROHタッグ統一王者のタマ・トンガが二人を見てフッと笑う場面もありました。

 

では果たして、二人の乱入はちゃんと計画されたものだったのでしょうか?

 

多くのニュースサイトが当惑する中、Voices of Wrestlingは「今回の襲撃劇は100%ワークであった」と明言しています。

同サイトは「今メールを受け取った。100%ワークだよ。ブッキングチームの大反対を押し切り、オフィスの上層部がこのアングルをプッシュしたそうだ」と綴っています。

 

個人的にはエンツォ & キャスを新日本やROHで観ることに興味が無いわけではないのですが、正直このやり方はちょっと…と思わなくもないですね。エンツォとキャスはヨリを戻したんですかね?

 

▽オマケ:タンガ・ロアのツイート

 

sponsored link