HOFとGRRにビッグ・ショー、オスプレイの負傷、ROHの売上、ローリーの詐欺未遂

04/02のまとめ

 

HOF&グレーテストロイヤルランブル

つい先程、マーク・ヘンリーのHOFインダクターをビッグ・ショーが務めることが発表されました。これにより、2018年に殿堂入りする全ての元選手達のインダクターが出揃いました。

HOF入りする選手←インダクターという表記をすれば、
ゴールドバーグ ←ポール・ヘイマン
ダッドリーズ ←エッジ&クリスチャン
アイボリー ←モーリー・ホーリー
ヒルビリー・ジム←ジミー・ハート
マーク・ヘンリー←ビッグ・ショー
となっています。

 

また、ビッグ・ショーは4月末にサウジアラビアで行われるグレーテスト・ロイヤルランブルにて選手復帰することも決定。同試合にはダニエル・ブライアン、ケイン、ブレイ・ワイアット、ブラウン・ストローマンの参戦も発表されています。

ロマン・レインズ曰く「同興行はWWEネットワークでも放送の予定がある」とのこと。50人にも及ぶトップスーパースター達によって繰り広げられるランブル戦は非常に面白いものになりそうです。

(RSN+wrestlingnewsco)


ウィル・オスプレイの負傷

一昨日新日本プロレスのサクラジェネシスで行われたマーティ・スカルとのIWGPジュニア王座戦において、場外スパニッシュフライを試みた際リングエプロンに頭を強打、大出血してしまったウィル・オスプレイ。
試合後、Twitterで「もしかするとNOLA(※ニューオーリンズ=レッスルマニアウィークの意)には出場できないかもしれない」と漏らしました。

 

あれだけの出血にもかかわらず試合の最中は全く問題ないと感じていたオスプレイですが、バックステージに戻るやいなや耐え難い痛みに襲われたそうです。
オスプレイはイギリスへ帰国後精密検査を受診し、出場の可否を判断するとのこと。随分容態が悪そうに聞こえますが、軽い負傷であることを祈るばかりです。

(WOR)


モジョ・ローリーがファンを騙した?

とあるローカルジムの従業員が訴えたWWEスーパースターによる詐欺にも見える行為が話題を呼んでいました。

昨日、その従業員はローリーと「ジムをタダで使わせてもらう代わりにハウスショーのチケットを用意する」という旨の約束をしたそうです。しかしながら、実際会場に足を運んでみるとそこに用意されたチケットはなく、それどころかチケットも完売していたため、結局何も観ずに帰る羽目になったとのこと。

 

翌日になってローリーはそのような約束をしていたもののすっかり忘れていたことなど、自らの非を全面的に認め面と向かって謝罪をしたそうです。そして改めて彼らを翌日のハウスショーに招待したとか。
忘れてしまうのもどうかと思いますが、このようなケースにしては素晴らしい初動対応だったと思われます。

(RSN)


SOHの売上

現地時間土曜に行われるROHのPPV、Supercard of Honorはチケット完売まで残すところ数百枚といった状況だそうです。これはSOHが6,000枚に近いチケット売上を記録し、団体の歴史でも最多動員を見込むことを意味しています。

同興行の目玉カードはやはりケニー・オメガvsコーディ。新日のレスリングどんたくのカードを見る限りバレットクラブの内紛に終わりは見えませんが、ROH年間最大PPVにはそれなりの展開を期待したいところです。

(PWI)


今日の私的1行ニュース

〇ついにボビー・フィッシュの膝前十字靭帯の断裂が公式発表、復帰時期はおそらく2019年初頭になる模様
〇今夜のRAWのバックステージには負傷による欠場中のアリシア・フォックス、Rトゥルース、サモア・ジョー、ジェフ・ハーディーがいるとのこと。誰か復帰するかも?

 

sponsored link

Related Post

sponsored link