【DoNまとめ】元アンブローズことジョンモクスリーの契約内容・試合デビューはいつ?、DoNに来ていた選手達、ダスティンローデスの試合後コメント、ルチャブロスが負傷ほか

DOUBLE or Nothing ダブルオアナッシング AEW
Photocredit: AEW

昨日行われたAEW初のPPV、Double or Nothing(ダブルオアナッシング・以下DoN)。イベントは大盛況の内に幕を閉じ、実際バックステージの人々は自分たちが作り上げたモノに対して大興奮だったと言われています。以下にDoN前後のトピックをまとめていきます。

 

ジョン・モクスリー登場!

色々驚くことはありましたが、やはり一番のサプライズは”彼”の登場でしょう。

メインイベント、クリス・ジェリコがケニー・オメガ相手に新技”ジュダス・エルボー”で勝利を収めた直後、見覚えのある男が観客席より降りてきます。そして彼はジェリコに、レフェリーに、そしてケニーには舞台セットの上でダーティーディーズ!─ということで、現れた男はWWEでお馴染みディーン・アンブローズ改めジョン・モクスリー。彼とAEWの関係とは?

 

試合後のメディアスクラム(=囲み取材)において、AEWの社長兼CEOであるトニー・カンはモクスリーが”複数年”かつ”フルタイム”の契約にサインしていることを明かしました。

 

今晩のモックスの登場に対しトニーはこう発言しています。

「プロレス史上最も重要な日の一つである今日、ジョン・モクスリーの登場はパーフェクトなエンディングと言える。新たな始まりを迎える晩の締めくくりには、世界一のフリーエージェントの紹介以上のものは無かっただろうね。

 

DoNのラストに展開されたしっちゃかめっちゃかなシーンは、ジョン・モクスリーがAEWにもたらす予測不可能性と鮮烈さを象徴している。彼が複数年系役にサインし、正式にAEWロースターの一員となってくれたことを本当に誇りに思っているよ!」※この話の続きは後程投稿します

 

また、レスリングオブザーバーのデイヴ・メルツァーは「DoNが終わった時、AEWのシングルディビジョンはコーディ、ケニー・オメガ、クリス・ジェリコ、それにジョン・モクスリーとアダム・ペイジで”ビッグ5”となると確信した。もしPACが戻ってくるなら、そこに加わる形になるだろう」と語っています。

 

なお、モクスリーの正式なAEWデビューは7月29日に行われる Fyter Fest(ゲームイベント・CEOの中で行われる小規模興行)になる予定です。

 

▽興行後にはコーディと共にWWEへのメッセージかのような写真も

 

DoNに来ていた選手達

つい先日Impactレスリングに退団を申し出たばかりのスカーレット・ボルドーとキラー・クロス(※交際関係)、現ROH世界女子王者ケリー・クライン、元TNA女子選手でフランキー・カザリアンの妻であるトレイシー・ブルックス、ミック・フォーリーの娘のノエル・フォーリー、フランク・ザ・クラウン(※交際関係)がDoNを観戦していたそうです。

 

sponsored link

また、バックステージではあのマーク・ヘンリーがBusted Open Radioのインタビュアーとして働いていたとか。億万長者であり、AEWの資金援助者であるトニー・カンの父シャッド・カンもリングサイドに来ていたそうです。

 

▽あとマイク・タイソン…?

 

ダスティンローデスの試合後ツイート

実弟であるコーディ・ローズとの試合の最中、額から大流血を起こしてしまったダスティン・ローズ(元ゴールダスト)。

後にTwitterで無事を報告しています。

 

「私は大丈夫だ。皆に心の底からの感謝を、人生最高の夜だった」

 

ルチャブロスが負傷か

昨日ヤングバックスとセミファイナルを闘ったルチャ・ブロス。本日はルチャ・エンパイアという団体で試合を行う予定でしたが、負傷欠場となっています。今のところ、詳しい負傷箇所や欠場期間等は不明です。

 

「イベントはキャンセルされました。昨日のAEW DoNにて、ペンタゴンJrとレイ・フェニックスは負傷、本日会場に来ることが出来ませんでした」

 

ショーンスピアーズはAEWと契約していなかった?

PPV終了後に行われたメディアスクラムにて、ショーン・スピアーズ(元タイ・デリンジャー)は「まだAEWと契約していないにもかかわらず、既にホームのように感じているよ」と語りました。どうやらスピアーズはモクスリーと異なり、未だAEWとの契約には至っていないようです。

 

(WOR&411mania&wrestlingnewsco)◇

sponsored link