ダニエルブライアンに続きケビンオーエンズもサウジ渡航拒否!その理由・影響はドルフジグラーに?、ブロックレスナーの今後、AEWの新規商標や世界王座の予告など

19/05/22のまとめ

 

ブライアン・オーエンズ・ゼインがサウジ不参加へ

昨年サウジアラビアで行われたクラウンジュエルへの参加を拒んだダニエル・ブライアンですが、同様の理由で今回のスーパーショーダウンにも参加しない模様です。

 

また、もう一人スーパーショーダウンに参加しない方針を伝えたのがケビン・オーエンズ。

彼の欠場理由は明らかにはなっていませんが、大方の予想では「親友であるサミ・ゼイン(※サウジと敵対関係にあるシリア系)が出場できないから」だと考えられています。なお、前回のクラウンジュエルの際、オーエンズは怪我で欠場していました。

 

ちなみに前回ブライアンと同様にサウジ行きを拒んだジョン・シナに関しては、今回は初めからブッキングされていませんでした。

(Fightful)


スーパーショーダウンまとめ

元々、SSDにおけるWWE王座戦にはコフィ・キングストン (c) vs オーエンズのカードが予定されていましたが、上記の通りオーエンズはサウジアラビアへの渡航を拒否してしまいました。

 

そこでオーエンズの代役として白羽の矢が立ったのが退団騒動以来姿を見せていなかったドルフ・ジグラー。ジグラーのブッキングはSDの直前に決定されたそうで、実際ジグラーはPPVの週にメルボルンで行われるコミコンに参加する予定でした。

 

▽WWEオーストラリア公式によるジグラーコミコン欠場のお知らせ

 

サウジアラビアと言えば、先日MITB戦に勝利(?)し、コンラクトを勝ち取ったブロック・レスナーはやはり、SSDにてユニバーサル王者であるセス・ロリンズに対してキャッシュインすることになりそうです。

sponsored link

 

レスナーは来週のRAWに出た後、PPV直前回である6月3日のRAWにも出場するようです。同7日にはSSDにおいてキャッシュインを行い、次の登場はサマースラム前になることが予定されているとのこと。

(WOR+wrestlingnewsco)


AEWと特許+‪α‬

中々思うように商標の取得が進まないAEW。

今回は”バッシュ・アット・ザ・ビーチ”が「WWEの旧PPV名”ザ・バッシュ”に類似している」、”ダスティ・ローデス”が「”ダスティン・ローデス(※ゴールダストの旧&現リングネーム)”に類似している」という理由で却下されたようです。後者は仕方なくない?

 

新たに商標申請が承認されたのは”バンクハウス・スタンピード”、”バトルボウル”、”ジ・アメリカンナイトメア”、”ジ・アメリカンドリーム”、”ザ・プリンス・オブ・レスリング”の5点。ただし、これより第三者よる異議申し立て受付期間に入るため、まだ確定ではないそうです。

 

それはともかく、コーディは本日YouTubeに投稿されるRoad to DOUBLE or Nothing最終話内にて、AEW世界王座について触れることを明言しています。

 

 

早ければDoN当日にも、新ベルトがお披露目されるかもしれません。DoNは日本からでもFITE.tvアプリで視聴可能です。

(wrestlinginc)


今日の私的1行ニュース

〇リック・フレアー、心臓手術を終え無事帰宅

〇ケニー・オメガ、新日本プロレス公式サイト選手欄からついに消える(勿論クリス・ジェリコは残っている)

〇WWEスーパースター達の手により、自殺したアシュリー・マッサーロの娘を支援するためのGoFundMeが立ち上げられる

〇MITBにて肩を脱臼してしまったレイ・ミステリオ、月曜日にはお馴染みバーミンガムにて目撃される この検査結果によってUS王座の今後が決まる?

 

sponsored link