新日本プロレスに漂う暗雲、選手達とメイ社長率いる新体制の対立、団体内の著しい士気の低下からWWE行きを検討する選手達も?

Photocredit : NJPW

業績好調の新日本プロレスに暗雲か

ご存知の通り、レスリング業界の2019年は様々な事情から非常に興味深い年になると言われています。が、そうした動きは想像以上のスケールで起こることになってしまうかもしれません。というのも、新日本プロレスのロッカールームは現在荒れに荒れているそうで…?

 

まさかのマネジメント・選手間の不和

現在、多くの新日の選手が現体制に不満を持っていると報じられています。その様はメルツァー曰く「不穏極まりなく、皆が不幸だ」とのこと。

“現体制”には多くの人物が当てはまるそうですが、特に名が挙げられたのは新社長のハロルド・メイと新GMのマイケル・クレイヴンの二人。どうやら彼らはタレント達と上手くいっていないそうです。

 

クレイヴンはタレント部門と国際展開部門の責任者ですが、選手達の間では最も知られていない人物かもしれません。
クレイヴンは1998年から日本に居住しており、IT系の採用等を業務とするヘイズ・ジャパンで技術職採用を監督していた人物だそうです。

彼はレスリングのバックグラウンドを持っていないことで知られており、選手達に見当違いのコメントをしてしまうことも度々あるとか。

G1の間、選手達の士気は非常に高かったそうですが、現在となっては将来の不確実性から士気は下がる一方だそうです。また、選手達は新体制への不満を抱くと同時に、旧来のマネジメントへの信頼も失ってしまったと言われています。

ある人の言葉では、「レスラー達は従来の”ハイレベル・アスリート”や”エンターテイナー”ではなく、”生産ライン上の労働者”と見られているように感じている」とのことで、初め感じていた新体制への期待は粉々に打ち砕かれてしまったようです。

士気の低下が招く結果とは?

この時期の士気の低下は団体にとって大きな痛手になるかもしれません。2019年、WWEはNXTの拡大も念頭に置きながら更なるインディー狩りを続けることと思われます。そんな彼らにとって、NJPWのトップスター達は一番のターゲットと言っても相違ありません。

社内では、WWE行き等考えたことも無かったような長年新日本に貢献してきた選手達も既にWWE行きをオプションとして真剣に検討し始めているとか。

こうした事情がタマ・トンガ率いるファイアリング・スクアッドの積極的なリクルーティング等にも影響しているのではないかという見方をするメディアもあります。

そしてやはり世界的に注目されるのはバレットクラブ・ELITE達の去就。彼らの進路にこの問題がどこまで影響を及ぼすかは分かりませんが、旧来新日本はAJスタイルズやジェフ・コブにも絶賛されるほど雰囲気の良い職場だったはずです。新日本プロレスはこれからそうした本来の姿を取り戻していくことができるのでしょうか?

 

(F4W+wrestlingnewsco)

sponsored link

Related Post

sponsored link