フィンベイラーの欠場と無くなったアングル、怪我人多数のNXTの受難、AEW・ウィークリー番組のチケット情報

photocredit: WWE

19.07.30のまとめ

 

ベイラーの欠場と無くなったセグメント

先日行われ、WWEネットワークで放送されたやや特殊なハウスショー”Smackville”。そこで中邑真輔とインターコンチネンタル王座を賭けて対戦予定だったフィン・ベイラーですが、ウイルス性胃腸炎で欠場になってしまいました。

 

しかしベイラーは会場にまで来ていたそうです。実際ベイラーを欠場させ、アリを代役として立てることが決定したのはスマックビルが始まってからのことだったとか。

 

そこでWWEは中邑がベイラーを襲って欠場に追い込む…といった内容の欠場アングルを撮ろうとしていたのですが、撮影の準備を終えた頃には既にベイラーは会場を後にしており、予定されていたアングル撮影は無くなってしまいました。勿論これは単にベイラーがそのプランの存在を知らなかった故に起きた事故なので、悪意から取った行動では無いそうです。

 

その後、ベイラーは病院からの写真を投稿しています。

この投稿をInstagramで見る

sponsored link

Summerslam

Finn Bálor Foreverさん(@finnbalor)がシェアした投稿 –

 

今後の復帰スケジュールは明らかになっていませんが、通常胃腸炎は長くとも1週間以内に治るとされています。早期復帰を期待したいところです。

 

また、代役として中邑のIC王座に挑戦し敗北してしまったアリですが、IC王座戴冠プランがあるそうです。脳震盪や負傷欠場によって一度はチャンスを逃してしまったアリですが、今度こそ上手くいくのでしょうか?

(WOR)


NXT選手たちの受難

今週末はNXTにとってかなりの受難でした。ハウスショーにおいて、複数の選手が負傷してしまったのです。

 

かつてROHで活躍していたカレンQは左足を骨折してしまいましたが、Twitterでは前向きなメッセージを残しています。

 

「不運にも、私はNXTのロードトリップを終わらせることが出来なくなってしまった。でも今週末にした試合に誇りを持っているし、最高の家族、友人、同僚に恵まれたことに感謝してるわ。脚を骨折してしまったけれど、私は戻ってくる!心配してくれたみんな、ありがとう!」

 

また、スターダムへの来日経験もあるレイチェル・エバース(元レイチェル・エラリング)も左膝を負傷してしまったようです。

 

 

エバースが負傷したのはレイシー・レーンとの試合中。レフェリーが2度も”Xサイン”を出し、セキュリティーや救急隊員等がリングに駆けつけました。そこには担架もあったそうですが、彼女は何とか自力で立ち上がり、スタッフの肩を借りながらバックステージへと帰っていったそうです。Jim Varsalloneによると、「意志の強さに感銘を受けた観客達は拍手で彼女を見送った」そうです。

 

現NXT女子王者のシェイナ・ベイズラーもやや負傷しているそうですが、金曜日の一日を欠場したのみで土曜日は試合に出場していたことから、そこまで重症では無いと思われます。

 

更にリディック・モスも鼻を骨折していますが、欠場は必要とするほどではないのこと。全選手が少しでも早く怪我を治し、リングへ戻ってくることを期待しています。

(RSN+411wrestling+wrestlingnewsco)


AEWウィークリー番組のチケット詳細

TNTで放送されるAEWのウィークリー番組、”Wednesday Night Dynamite(※仮称・公式未決定)”のチケット情報が公開されています。

 

チケット価格は250ドル~20ドルまでの6段階で用意されており、8月2日の正午(ET)から発売される予定だとのこと。なお、最高値の250ドルゾーンは最前列を含み、お土産としてロゴ入りのパイプ椅子を持ち帰ることが可能なようです。

 

現時点ではWWEよりやや安めな価格設定のように見えますが、そこは既に転売屋の温床と化しているAEW。初回放送ということもあり、最終的には信じられないような価格になることも十分考えられます。

 

AEWのウィークリー番組は10月2日午後8時~10時(ET)、ワシントンDCのキャピタル・ワン・アリーナから放送予定です。

(Twitter+411wrestling)


今日の私的1行ニュース

〇クリス・ジェリコ、ジェリクルーズをTV放送する手段を探している様子

〇元ウルティモ・ニンジャことフンベルト・カリーヨが結婚

 

sponsored link