今後PPVの放送時間はより長く、WWEがFOXを選んだ理由&得た金額、シナとニッキーが復縁?

05/22のまとめ

 

PPVの放送時間が延長

最近は大体3時間程度の尺で行われているPPV。その放送時間が此度のマネーインザバンクPPVから4時間に増加するのではないかと言われています。

 

Sky Italia(※イタリアの放送局)のfacebookによると、MITBはEST19時(≒日本時間am8時)から始まるそうです。これは従来の20時という時間から1時間早まったものであり、少なくとも4時間の放送が行われることを示しています。

また、ストーリーの中心となるロイヤルランブル、サマースラム、サバイバーシリーズ等の大型PPVは日本時間am7時~12時の5時間放送になることが予定されているそうです。レッスルマニアはそれ以上の長さになると見込まれています。

 

デュアルブランドPPVが4時間という長さになる中で、以前のプレショーという形式が存続していくのかどうかは未だ不明だそうです。もしもプレショーが無くなるようなことがあれば、月に一度のPPVに出る選手の数が現在より少なくなってしまうことが予想されます。これは言うまでもなく、ミッドカーダーの収入を減らすことに繋がります。

sponsored link

最も、本編の延長に伴い、より多くのスーパースターがPPVに登場する可能性も無いわけではありません。PPV放送時間の延長がスーパースター達にどのような影響を与えるのか、今後の流れにも注目です。

(wrestlingnewsco)


今回WWEはどれほどの利益を出した?、何故FOX?

昨日お伝えしたSmackDownLiveの放送局移籍についての詳報です。
昨夜の時点で「かなりの額」と言われた契約ですが、その中身は5年で10億ドル(2億500万ドル/年=227億円/年)もの巨額契約でした。これは現在NBCUがRAWとSDに払っている額を合わせても及ばない程の大金であり、FOXのSDへの評価が伺えるものとなっています。

また、WWEはAmazonやfacebookからより高額なオファーを受けていたそうです。にもかかわらずFOXを選んだのは、FOX側が「NFLやMLBを含む人気コンテンツ内でSDを大きく宣伝する」という条件を飲んだからだと言われています。

 

ここは昨日にもお伝えした通りですが、FOXでの放送開始は来年10月からを予定しており、新たに3時間となったライブ放送日は金曜日に移る可能性があります。

sponsored link

なお、WWEが両番組の放映権料として得る額は計4億4,500万ドル(≒494億円)となり、何と従来の3倍にも及ぶ額に。WWEにとって、此度の放映権交渉は大成功に終わったのではないでしょうか。

(PWI+wrestlingnewsco)


トータルべラズの爆死、二人の関係

現地時間日曜夜、トータル・べラズのシーズン3初回が放映されました。ジョン・シナとニッキー・ベラの破局など、話題性のあるトピックの存在から高い視聴者数が期待されていましたが…

 

期待に反し数字は伸び悩み、視聴者数はたったの517,000人だったそうです。昨年のシーズン2初回は681,000人、最終回では674,000 人を記録していることをも考慮すると、これはかなり低い数字と言えます。記事の最後には、人々が徐々にこのショー自体に興味を失ってきているのではないか、と分析されていました。

 

そして昨日、シナとニッキーが既にヨリを戻しているとの報道がなされていました。彼らは共に歩いているところも目撃されており、復縁はおそらく事実だと思われます。

報道では「彼らは結婚式をキャンセルした後冷静になった。そして壊れてしまった互いの何かを修復することは出来ることに気付き、ヨリを戻すに至った」といったことが書かれていました。

 

が、そもそもこの破局劇自体がアングルであったのではないかと信じる人も多く、WWEスーパースターの中にもそう考える選手が多くいたそうです。勿論真相は闇の中ですが……レスリングビジネスって本当に不思議ですね。

(pwcom+people)


今日の私的1行ニュース

〇捜査が終わったエンツォ・アモーレ改め”real1″、現地時間5月28日にタイムズスクエアでファンミーティングを行う予定
〇昨日RAWのボビー・ラシュリーの”シスターズ”アングルが炎上中 擁護の余地なし
〇ルセフはやはりエイデン・イングリッシュを裏切る予定
〇昨日RAWバックステージにカイリ・セインとアリシア・フォックスがいた模様 なおカイリはエジクリの番組収録のために来ていたそう

 

sponsored link