[速報]MITBでロンダvsナイアの王座戦が決定か?、未だ新契約にサインしないブライアン、30分で1万枚捌いたALL IN詳報

05/14のまとめ

 

ロンダ・ラウジーがナイア・ジャックスと王座戦が?

WM34以降試合を行っていなかったロンダ・ラウジー。どうやら次期PPVのマネーインザバンクで試合を行う予定だそうです。何とその相手は、まさかのRAW女子王者ナイア・ジャックス。

 

本日NBC本社を訪れたのはナイアやロンダを含む女子選手達。そこで行われた記者会見にて、ロンダは
「私達はとても礼儀正しく、プロフェッショナルな女性である。先程ナイアは私に「タイトルを賭けてあなたに挑戦したい」と申し出てくれた。私はその挑戦を謹んで受け入れたため、今こうして彼女の隣に座ることができている」
と述べ、MITBでの王座挑戦を自ら発表。
この挑戦受諾宣言が会社に受け入れられ、正式に王座戦が決定されるのかどうかは明日のRAWで明らかになることでしょう。

 

なお、ナイアが土曜のライブイベントを欠場した理由も、明日のRAWを欠場する理由もこのNBC本社訪問のため。そのため、明日のRAWにはロンダも登場しないと思われます。

(RSN)


祝・ALL INチケット即完売

9月1日シカゴで開催されるヤングバックス&コーディ自主興行”ALL IN”。本日ついに1万枚ものチケットが発売されました。が、チケットは何と29分36秒という速さで完売。多くのメディアやファンが驚きの声を伝えています。
WWE以外の組織が1万席を擁するプロレスイベントを主催するという異様さ、また、それをインディー界で最もホットな選手達が開催するという期待感から、同興行は以前より大きな注目を集めていました。が、それにしても想像を上回る売れ行き。年2回目だから仕方ないとはいえ集客に苦戦している7月の新日本米興行とは大違い

 

また、シカゴにあるプロレスリングティーズスーパーストアにて、興行内容に関するプレスカンファレンスが行われました。
目立ったニュースとしては、

〇WWEのGRRにも参戦した一方、新日本プロレス大阪城ホール大会にも出場を予定しているレイ・ミステリオの参戦

〇コーディがNWA世界王者のニック・オールディスに挑戦

といったところ。

sponsored link

ちなみに、NWA王者への挑戦決定のくだりは現在NWAブランドの使用権を持つビリー・コーガン(※日本でもお馴染みだったブルース・サープから権利を購入)の正式アナウンスによるものでした。

sponsored link

更に豆知識として、多くの人が馴染みないであろうNWAチャンピオン、ニック・オールディスについて挙げておくと、オールディスはチーム3D(ブリー・レイ&ブラザー・ディーボン)よりIWGPヘビータッグ王座を奪取しているほか、秋山&齋藤からGHCタッグ王座をも獲得しているという実は日本との関係が深いレスラー。ちなみに現WWEのミッキー・ジェームズの旦那さんです。

 

最後に、カンファレンスの場にいた選手はヤングバックス、コーディ、マーティ・スカル、テッサ・ブランチャード、ハングマン・ペイジ、フリップ・ゴードンでした。

(wrestlingnewsco etc)


ブライアンは未だに新契約にサインしていない

「レッスルマニア34で試合復帰許可が降りなければ、契約期間が終了後直ちに退団する」─これはダニエル・ブライアンの過去の発言です。後に彼は無事試合復帰の許可を得ることに成功、見事WMでの復帰戦を白星で飾ることができました。しかしながら、ブライアンは未だに新しい契約にサインしていないそうです。

 

どうしてもブライアンとの契約を延長したいWWE、クリエイティブ部門の意志を曲げブライアンのアイデアを通したほどでした。
というのも、ブライアンがMITB予選でルセフに敗北したのは、ブライアンの「自らをより最下層から這い上がるアンダードッグ(絶対的なベビーフェイス)にしたい」という要望が通ったからだそう。
どれだけWWEがブライアンとの契約に必死かが伺えるエピソードです。

 

未だブライアンが新契約にサインしていない以上、このままいくとブライアンの契約は9月1日に切れることになります。そう、ALL INの日です。

そこで今週のTalk is Jerichoでは「9月1日にはマスクをかぶってALL INに出て、日付が変わったタイミングでマスクを脱いで「ワオ!アレはブライアン・ダニエルソンだ!!」とでもやろうかな(笑)」なんてジョークも飛び出していました(※この回のTIJも後ほど翻訳予定)。

 

しかし、PWIもWONも「ブライアンがWWE以外で働く確率は低い」と述べており、おそらく交渉の手段、駆け引きとしてできるかぎりサインを遅らせているものと思われます。
しかしレスリングビジネスにおいて「ネバー・セイ・ネバー」は常識中の常識。最後まで注視していきたいところです。

(PWI+WON etc)


今日の私的1行ニュース

〇怪我続きのシャーロット・フレアー、今週のスマックダウンをけつじょを欠場 とはいえその理由は負傷ではなく、WWEビジネスサミットへの出席のため
〇ティノ・サバテリに続きタッグパートナーのリディック・モスも負傷 復帰は2019年になる見込みだが、最近は解散アングルばかりだったため、チームとしてはこれで解散となったかもしれない

 

sponsored link