ジグラーの最初の計画、ロンダのサプライズ登場の裏側&WMの対戦カード、怪我情報等

01/29のまとめ

 

ドルフ・ジグラーの最初のプラン

ロイヤルランブルのプレショーでボビー・ルードによるUSオープンチャレンジを行われました。それに応じたのはモジョ・ローリーでしたが、これは初めからそういう計画だったわけではないようです。

 

最初の計画では、ルードに挑戦するのはドルフ・ジグラーの予定でした(※おそらくラダーマッチで、USタイトルを取り返すストーリーだった)。しかしながらこの週末に入ってから、いつも通りビンス・マクマホンが心変わり。ジグラーをランブルの30番目に登場させ、すぐ敗退させることを決定したそうです。

また、ジグラーは明後日のSDLに登場が予定されています。

(PWI)


ロンダのサプライズ登場の裏側&WMの対戦カード

ウィメンズ・ロイヤルランブル終了後、ついにサプライズWWEデビューを果たした元UFCバンタム級王者のロンダ・ラウジー。彼女はWWEとフルタイム契約を締結しています。
ロンダの登場はロッカールームや一部のクリエイティブにも大きな衝撃を与えました。ロンダは今日、映画撮影のために国外へ行っているはずだったからです。「観客の前に登場する10秒前まで建物の中で目撃されてすらいない」「マクマホンファミリーかケビン・ダンしか知りえなかった」サプライズはどのように起きたのでしょうか?

 

「今夜はファン達からちょっとした面白い話を聞いた。彼女は本当にマイル22という映画の撮影のためにコロンビアに行っていたんだ。その後チャータージェットでアメリカに戻り、24時間人目に触れないようにしていた。彼女を目撃することが可能な唯一の瞬間は、マイアミの税関だけだった。」

これは実際に起こったことだと言われています。やはりスケールが違いますね。

 

また、現時点でロンダのWMカードは、ロンダ&X vs ステファニー・マクマホン&HHHであると言われています。そしてそのXは、WM31で共にオーソリティーを撃退したザ・ロックという報道も…(※ロックの過密なスケジュールを考えると現実的ではないという意見も多い)。
まずは今日のRAWでロンダがどのような動きを見せるのか、注視する必要がありそうです。

(WON+SESCOOPES)


マッギネスとフォックスが登場しなかった理由

昨夜のNXT TAKEOVER:Philadelphiaに登場しなかったナイジェル・マッギネス。お休みの原因は体調不良で、どうやらインフルエンザからの回復途中だったようです。
結果として、本放送はラナーロとワトソンの2人で行われました。

 

また、RRに登場予定だったにもかかわらず姿を現さなかったアリシア・フォックスは尾骨を骨折していたようです。
今後行われるMMCも当然欠場となり、ゴールダストの新タッグパートナーは今週中には発表されるとのこと。ちなみに、カイリ・セインはアリシアの代理出場だったようです。

(wrestlingNewsco)


一行ニュース

○RRの観客動員数は17,629人と同会場で過去2回行われたRRよりも増加

○ダッドリー・ボーイズが殿堂入り
○ジョナサン・コーチマンがWWEへ復帰、ブッカーTに代わりRAWアナウンスチームの一員へ
○サプライズ登場のレイ・ミステリオ、今のところはワンマッチ契約だった模様 IMPACTとも依然交渉中か
○あまり試合をしなかったジェイソン・ジョーダン、やはり背中の負傷が響いているとのこと

 

sponsored link

Related Post

sponsored link