ドレイクマーベリックの結婚式にRトゥルースが乱入・新24/7王者に!、結婚式に参加した選手達、このアングルの立案者は?、次回サウジアラビア公演とFOX版スマックダウンの日程が重複?

Photocredit: Twitter

19/06/21のプチまとめ

 

ドレイクマーベリックの結婚式で24/7王座が移動

本日、現WWE24/7王者であり205Liveゼネラルマネージャーでもあるドレイク・マーベリックと元メイヤングクラシック参加者であるルネ・ミシェルの結婚式が行われました。そんな幸せな日に「人生最悪の日だ」なんてツイートしているマーベリック、その身に何が起こったのでしょうか?

 

 

 

上記はグルームズマン(花婿付き添い人)が全員揃った写真ですが、その中には友人であるブラウン・ストローマンや元TNAのプロデューサーであったジェレミー・コーガンの姿も伺えます。

 

また、グルームスマンのトップであり、バチェラーパーティーや衣装等の準備を行うベスト・マンには、マーベリックがTNAにてロックスター・スパッドを名乗っていた時代からの大親友であるEC3が選出されました。

なお、他の参加者としてはナタリアと夫のタイソン・キッドやNXT選手のザイア・リー等の姿が確認できます。

 

なお、リングボーイの大役はマット&レビー・ハーディーの子供であるキング・マクセルによって果たされました。勿論彼らもTNA時代からの友人です。

 

そして事件は起こります。花嫁と腕を組んでバージンロードを歩くマーベリックの前に当然現れる見慣れたゼブラ模様の服……そしてあれよあれよという間にマーベリックは丸め込まれてしまいます。そう、Rトゥルースの手によって。

 

元々「24/7王座の戴冠自体が御祝儀的な意味合いもある」や「結婚式にWWEの撮影クルーが入るらしい」という噂もあったため、こうした展開を予想していたファンも多くいたことでしょう。

 

どうやらこの「結婚式でベルトを移動させる」というアイデアはマーベリック本人がWWEにプッシュしたものだそうで、WWEはこのアイデアをとても気に入ったとか。

 

乱入シーンは勿論結婚式の終わった後に収録され、牧師役はNXTクリエイティブチームのジョセフ・ベルカストロが務めたそうです。また、他にも撮影テープはあるものの、それが実際に使われるかは不明とのこと。

それにしても、かなり印象に残るウエディングとなったのではないでしょうか。

 

▽結婚式後、奥様の有難いお言葉

「こんなものに私達のウエディングデーを掻き乱させるなんて!彼は取り憑かれているのよ。24/7なんてもの、うんざりだわ!もう離婚したい!」

(Twitter+wrestlinginc)


次回サウジ興行とSD新体制初回放送が重なっている?

今年に入って既に2回の興行を終えているサウジアラビア公演ですが、次回は11月1日を予定しています。サウジアラビアは以前より、WWEにショーの金曜開催を要求しており、その1日も当然金曜日なのですが……

 

そう、かの11月1日金曜日はSmackDown LiveがFOXに移籍&金曜放送へと変更になる初回放送日なのです。つまりWWEはダブルブッキングをしている状態になります。

 

WWEは昨年より、サウジアラビアと10年間に渡る長期契約を締結しています。しかしながら前回のスーパーショーダウンでは両者の間にちょっとした軋轢が生じたり、バックステージスタッフや選手の多くが「行くべきではなかった」なんて考えているなど、”完璧な関係”では無い様子。

 

一方のFOXはSDのプロモーションにかなり力を入れており、WWEを万全の状態で迎え入れようとしています。当然ではありますが、FOXは数字の取れるトップスーパースター達を求めており、そうした要望が噂される”ブロック・レスナーのキャッシュイン”というアングルに繋がったのではないかと言われています。

 

この問題の解決策として、レスリングオブザーバーのデイヴ・メルツァーは「「サウジアラビア側に日程の変更を申し出る」または「ロースターを米国内組とサウジ組に2分割する」しか無いだろう」と語っています。今後のWWEの動向にも注目です。

(wrestlinginc+WON)


今日の私的1行ニュース

〇以前膝を負傷したことが報じられたラース・サリバンは6~9ヶ月の欠場を要するようで、復帰は2020年前半となる見込みだとか

〇ニッキー・ベラがキャリアを終えた理由として脳に嚢胞があることを告白

 

sponsored link