WWEクリエイティブ達の過酷な労働環境はビンスが原因?「午前6時頃始業、午前3時退勤」、チャンパの負傷でアダムコールが代役に、HOFにトーリーウィルソンとブルータスビーフケーキ?ほか

WWE ロゴ
Photocredit: WWE

19/03/03のまとめ

 

WWEクリエイティブの過酷な労働

ここ数日、WWEのクリエイティブ達の劣悪な労働環境が話題となっています。今回のトピックは労働時間について。なんとクリエイティブチームは21時間以上も出社していることがあるとか…。

 

この件に関し、オブザーバーのデイヴ・メルツァーは以下のように述べています。

 

「クリエイティブの彼らは自らの業務が終了した後、まずはビンスが取り組んでいる何らかの作業が終わるのをただひたすら座って待たなければならない。

 

会議は午後10時頃に始まり、午前3時を回って終了するのが常だ。そうなると、当然多くの人は仕事に対してネガティブな感情を抱く。まずは「早くケリをつけたい」という思いがあり、もう一つの理由としては彼らは本当に疲れていて、ベストなパフォーマンスを出せないからだ。

 

これは最近のRAWが酷いものだった理由でもあるかもしれない。主原因という訳ではないだろうが、一因ではあるだろう。

普通の人間は、朝6時頃から業務を始めて定時より4時間以上待ち、午前3時30分に退勤するなんて仕事は耐えられないだろう。普通の生活を送るのは困難である」

 

まさに先週木曜日、クリエイティブチームは3時5分まで会議をしていたそうです。議題は「ファストレーンPPVのメインイベントについて」。

 

sponsored link

要するにSHIELD復活試合をロマン・レインズ & セス・ロリンズ & ディーン・アンブローズ vs ドリュー・マッキンタイア & ボビー・ラシュリー & バロン・コービンの6人タッグマッチにするか、それぞれにブラウン・ストローマンとアライアスを加えた8人タッグマッチにするかについての話し合いだったそうです。もう本当にお疲れ様です…

(WOR)


トマソ・チャンパの負傷

大変残念なことに、昇格早々首の怪我で欠場となっているトマソ・チャンパ。4週間ほど前から抱えていた負傷は完治まで更に数週間かかるとのことで、RAWやハウスショー等、多くのスケジュールに変更が生じています。

 

3月9日にはWLWという団体(※チャンパがインディー時代に出場していた団体)への登場が予定されていましたが、その代役はアダム・コールが務めることとなったようです。

 

現在全ハウスショーを欠場し、NXTでも負荷の軽いスケジュールで動いているチャンパ。NXTとしては何としてでも彼をNXT王者としてテイクオーバー:ニューヨークに出場させたいところでしょうが、現在の彼はメインロースターという立場でもあります。今後RAWやSDで試合を行うことはあるのでしょうか?

(PWI+Twitter)


新たなホールオブフェイマーの噂

wrestlevotesは今年のホールオブフェイムクラスにトーリー・ウィルソンとブルータス・ビーフケーキが加入することを報じています。とはいえ同サイトの一社報道なので真偽の程は不明と言ったところです。

(wrestlevotes)


今日の私的1行ニュース

〇レイ・ミステリオ、3月17日のNASCARにてペースカーを運転するとのこと   

〇ジム・コルネット、MLW入り

〇ハーリー・レイス、肺がんと診断される  お大事に……

 

sponsored link