ルーク・ハーパーがWWE退団を志望するに至った経緯・ビンスに嫌われた理由、AEWが契約するTV局は?PPVは日本で観られるのか?、オマケ:新日本プロレスの新VTR予想

Photocredit: WWE

19.05.03のまとめ

 

ルークハーパーが退団を決意した理由

先日、多くの選手がWWEに退団要求をしたという報道がありましたが、当然のように退団要請は拒否され、全員がWWEの雇用下にいます。アレクサンダー・ウルフはNXT UKに、キリアン・デインはNXTに移籍となり、WWEとかなり揉めていた様子のサーシャ・バンクスはマネーインザバンクPPVで復帰の見込みがあるそうです。

 

今回裏話が報じられているのはルーク・ハーパーの件。レッスルマニア35の後、退団要求をしたハーパーはビンス・マクマホンから書面で「お前をリリースすることはない」といった旨の通達を受けたそうです。

 

ハーパーは初め、レッスルマニア35にブッキングされておらず、事前イベントであるアクセスのみにブッキングされていました。その後彼がアンドレザジャイアントメモリアルバトルロイヤルに出場することになったのは、偶然上層部の中で「そういえば彼は何でバトルロイヤルに出てないんだ?」というやり取りが行われたためだとか。試合開始直前の決定に、彼への扱いの軽さが伺えます。

 

この一連の流れをよく知る関係者は、「ハーパーはここ(WWE)を出る必要がある。彼の復帰戦を見たビンスは彼を使う気が全くなかったんだ」と語っています。ハーパーは4年前からビンスに「南部訛りで話せ」と命令されていたそうですが、期待に沿うことが出来なかったようで、ビンスはそのことについて不満を漏らしていました。

 

WM35の後、ハーパーはサミ・ゼインとの抗争が計画されていたそうですが、「君はTVには必要ない」と言われ、家に帰らされてしまったようです。その後公式の復帰戦として、EC3とのダークマッチが組まれました(なおこの試合はEC3にマネージャーとしてドレイク・マーベリックがついた回でした。折角の再会だったのにマネージャー嫌いのビンスはこの一試合きりで二人を解散させたそうです。キレそう)。

 

スーパースターシェイクアップ当日、社内ではクリエイティブミーティングが行われていました。そこでハーパーの名前が挙がった際、ビンスは「南部訛りさえできない上に、この間のEC3との試合は最悪だった」と語り、ハーパーはどちらのブランドにも配属されなかったそうです。その時、ハーパーは退団を決意したとのこと。

 

このことから、ハーパーの退団要求が受け入れられなかった要因は新日本プロレス/ROHやAEWに行かせないことただ一つ(あるいは嫌がらせ)であると考えられています。更に悪いことは、現在の契約期間に加えて、手首の負傷で欠場していた期間が上乗せされることです。
数日前には、同じく退団要求をした噂があったリバイバルのダッシュ・ワイルダーが同様に二ヶ月の契約期間延長を申し付けられていました。ハーパーが早く辞められることを願って…

(WOR+RSN)


AEWと契約するTV局は?PPVは日本で観られる?

AEWが発足して数か月、彼らのショーを放映するTV局の噂は絶えません。AEWは以前” Tuesday Night Dynamite(チューズデー・ナイト・ダイナマイト)”という商標を登録しており、明らかにRAWやSmackDownに対抗するウィークリー番組を制作するつもりです。

 

その後レスリングオブザーバーにより、「火曜放送というプランはなくなった。ショーは水曜か木曜に放送することになるのではないか」と報じられていた一方、現在では「再びTNDの名前で火曜日に番組を放送する」方針だそうです。そうなると、AEWはWWEのスタジオショー(FOX Sports放送)の裏番組として放送される可能性があるとか…。

数多く噂されるTV局の中でも、現在かなり有力視されているのがターナー・ネットワーク・テレビジョン(TNT)という局。TNTはWCWのマンデー・ナイトロを放送していたことで知られており、”TND”という番組名も気に入っているそうです。

 

こうした噂の結論が出るのはもうすぐです。AEWは来週か再来週にはDOUBLE or Nothing(ダブル・オア・ナッシング)PPVの視聴方法を発表するとされています。PPVの配信プラットフォームはTV局と関係していることが多く、プラットフォームが明らかになるのはTV契約が締結された時となるのが基本です。つまり二週間以内にはウィークリー番組が放映されるTV局も決定されることになります。

 

なお、このままTNTとの契約が決まれば、 DoNPPVはBleacher Report Liveというストリーミングアプリで配信されることになるようです。ちなみにこのアプリのサービス範囲は基本的に米国国内限定なようですが…?どうなるグローバルファン?!

(WOR+wrestlingnewsco)


今日の私的1行ニュース

〇【ただの感想】エル・ファンタズモ登場を控える新日本プロレスが、新たな英国人選手投入の予告VTRを投稿!あのグーグル翻訳直訳の日本語から、私としては希望含みでCCKでお馴染みクリス・ブルックスを推します。

▽先日FCP日本公演でも来日したこの選手

次点でマーク・ハスキンスかグレート・オーカーン(岡)かな…でもハスキンスはUS王者ジュース・ロビンソンと同ユニット(ライフブラッド)だし岡くんはもう少しふくよかなのでは…?ただクリスにしてもゴツい気もする。

いやまあ順当に行けばオーカーンなんですけどね…敢えて理想は高く。

〇ラース・サリバンのダイビングヘッドバット、通常時利用が禁止される  脳震盪リスクは勿論、以前よりクリス・ベノワを彷彿とさせるということで賛否両論だった

〇深刻な脳震盪が疑われていたダニエル・ブライアン、来週スマックダウンで試合復帰の許可が降りる それはそれとしてブライアンは欠場の間ROH時代の旧友ジミー・ジェイコブスのポッドキャストに出ていましたので興味ある方は是非

〇負傷によりSDタッグ王座を返上したジェフ・ハーディーが膝の手術へ

 

sponsored link