サミ・ゼインが負傷欠場へ、WWEがROHのMSG興行を阻止、何故ストローマンがMITBを優勝したのか?

06/19のまとめ

 

サミ・ゼイン、負傷していた

MITBでボビー・ラシュリーに一方的にやられてしまったサミ・ゼインですが、どうやら負傷をおして試合に臨んでいたそうです。試合時間が短かったのもこの怪我のためだった模様。

 

ゼインは昨夜のRAWのバックステージにも来ておらず、今週はバーミンガムに飛び検査を受ける予定だそうです。負傷箇所や欠場期間は公表されていませんが、しばらくお休みになるとのこと。大事ではないといいのですが…

(PWI)


MSGを巡り対立するROHとWWE

マジソンスクエアガーデンでの興行開催を告知していたROHですが、案の定その計画はWWEに潰されてしまったようです。

 

ROHのCOOであるジョー・コフは昨日、「確かにMSGと取引はあった。が、WWEとのコミュニケーションの後、彼らはその約束を反故にしてしまった」と現在の状況を説明。

加えて、「我々の弁護士はこれから全ての関係者にコンタクトを取るだろう。我々が最も望むことは事態の解決だ。そうすれば、ROHとパートナーの新日本プロレスはより多くの会場のより多くの観衆に、そしてニューヨーク・シティのファン達に活力と刺激を届けることができる」と飽くまでもMSGの興行を諦めない意思を示しました。

 

この記事でも触れましたが、MSGでの興行開催を告知したのはROHの親会社、超大企業であるシンクレア・ブロードキャスティングのCEO:クリス・リプリーです。そのため、これはただのWWE対インディー団体の構図には収まりきらない問題となるのではないかとも言われています。

 

なお、この発表を受けて、9月にMSG興行を予定しているAAAも同様の状況に陥るのではないかという見方が多数出ています。MSGでインディー団体がショーを行える日はやってくるのか?

(PWI)


今年のMr.MITBが決定されるまで

一昨日行われたマネーインザバンクPPVで見事ブリーフケースを手にしたブラウン・ストローマン。今年のMr. MITBが決定されるまで、バックステージではどのような葛藤があったのでしょうか?

 

sponsored link

当初、今年のMITBを優勝するのはストローマンだと報じられていました。そして当日行われるロマン・レインズ対ブロック・レスナーのユニバーサル王座戦にキャッシュインし、見事その日の内に新ユニバーサル王者となることが予定されていたそうです。

しかし同興行でのユニバーサル王座戦(≒レスナーの出場)が流れてしまったため、MITBの勝者はザ・ミズへ変更…というところまでは以前の記事でもお伝えしました。

 

ところがミズの勝利は何と条件付き。具体的に言えば、「ダニエル・ブライアンが契約の延長に合意」した場合のみ迎える結末でした。

要するに、ミズにブリーフケースを持たせることによってミズ対ブライアンの決戦をレッスルマニア35へと延期する計画だったそうです。なおその場合、サマースラムでレスナー対レインズ対ストローマンのユニバーサル王座戦を行うことになっていました。

 

しかしながら、ご存知の通りブライアンは未だ契約延長にサインしていません。そのためWWEは元の計画に戻さざるを得ず、ブリーフケースはストローマンの手に渡ることとなったようです。ストローマンは現在サマースラムでのキャッシュインが予定されています。

(dirtysheets)


今日の私的1行ニュース

〇ベルべティーン・ドリーム、ニッキー・クロス、ジョニー・ガルガノに昇格の噂
〇本日のスマックダウンにてついにSAnitYがデビュー!
〇本日のSDにも登場予定のジェームズ・エルスワース、一度きりの登場かどうかは不明だがGRRの頃から復帰交渉はしていた様子 もしかすると数ヶ月単位で契約した可能性もあるかもしれないそう
〇2K19の表紙に選ばれたAJスタイルズ、宣伝のために今後もしばらくWWE王座を持ち続けるそう
〇ペイジ、会場を去る直前にファンサービスをしていた最中に「痩せろ」等と宣う男に顔を叩かれる(slapされる) その後警察が来ていたが、男が逮捕されたかどうかは不明 ペイジはその数日前にも別のファンから同様の暴言を吐かれていた 傷害も名誉毀損も普通に悪質な犯罪なので逮捕、せめて出禁にはしてほしいところです。

 

sponsored link