[前編]忙しい人向けのAEWチケットアナウンスメントパーティー概要雑訳・まとめ//ペイジvsPAC、ヤングバックスvsルチャブロス等

Photocredit: AEW

AEWチケットアナウンスパーティー

本日、”DOUBLE or Nothing”PPVが行われるラスベガスのMGMグランドガーデン内にあるホテルでチケットアナウンスメントパーティーが行われました。内容を雑にまとめていきます。

 

〇冒頭、コンラッド・トンプソンとアレックス・マーベルスが実況チーム三人目としてエクスカリバーを紹介。トンプソン「前回のAEWラリーではクリス・ジェリコが現れました。今夜も新しく、皆さんおなじみの選手が現れるかも?」

 

〇グッズをファンに投げながらソニー・キスが登場。「AEWはみんなに向けたもの(for everyone)だと聞いた。自分もそう」。キスはDoNにも出場することを宣言。

マーベルス「キスはチーフブランドオフィサーのブランディ・ローデスによって選ばれ契約に至った」

 

 

〇コーディ登壇と共に “thank you Cody!”チャント。「俺たちで無ければ、誰がやるんだ?そしてその時が今で無ければ、いつやると言うんだ?」。コーディは現状について「革命の始まりのようだ」とコメントし、前回イベントにて中国・OEWとの提携を発表したことを話した上で今度はメキシコ・AAAとの提携を発表。

そのままコーディがチケットの話題に触れると観客からは “we want tickets!”チャントが巻き起こる。コーディ「君たちはチケットが欲しい。俺たちは君たちにチケットを与えたい」と言いながら先行販売について説明。

先行販売の予約のための登録は今週末にかけて、先行販売は現地時間2月11日金曜日15時(EST)、通常販売は2月13日水曜日正午から行われることが発表される。

 

〇コーディの呼び込みでAAAクルーザー級王者のサミー・ゲバラが登場。

「俺について詳しい人もいるだろうし、そうでない人もいるだろう。知らない人はYouTubeの俺のチャンネルをを購読して(※ゲバラはYouTuber)。でも、今にAEWファン全員が、俺は単なるクルーザー級でなく、世界ベストの選手であることを思い知ることになる」。ゲバラもDoN出場を宣言する。

 

 

〇アダム・ペイジ登場で大歓声。「今日はコスチュームで来ようと思ってたんだけど、「まだ体型がなってない」と言われたから…(BTEネタ)」。「今日は俺のステージだからPACは邪魔しに来ない」→当然PACからのビデオメッセージ「ペイジと個人的に何かあったわけでは無いが、単にエリート主義の人間は嫌いだ。それにお前は俺のレベルに達していない」。

PAC「DoNでは自慢のカウボーイブーツも持って来いよ。お前の歴史はそこで幕を閉じるんだから」

ペイジ「勿論ブーツは持って行くよ。だが、全てが終わった後にお前のケツからブーツを引き抜く医者はいないからな」

エクスカリバーによってDoNでのPAC vs ペイジの実現が公式発表される。

 

 

〇お次はヤングバックスが登壇。大歓声とチャントを背に昨今のタッグチームレスリングの現状を語る「最近の某レスリング番組の中で本当のタッグチームレスリングを見たことがあるか?」(WWEへのシュートマイク)。

「AEWは世界一のタッグチームレスリングを見せる」「タッグチームレスリングはメインイベントになれるか?(観客が大歓声で答える)」

 

そこで新しくサインしたタッグチームとしてベストフレンズを紹介。「俺はチャック・テイラー、右はトレント。俺達はタッグチーム部門を探してここに来たんだ」「俺は寒くない」歓声を受けながら壇を下りる。

 


ノースリジージャン、最高

 

〇下壇しようとしたバックスの元にルチャブラザーズが現れ、レイフェニックスがニックにスーパーキック、ペンタゴンJrがマットにパッケージパイルドライバー!フェニックス「この間は世界2位のタッグチームとか言ってくれたな!俺達は宇宙で一番のチームだ!」セロ・ミエドコールの中退場

 

〇ここでエクスカリバーによりAllelitewrestling.comの鯖落ちが知らされる。「皆辛抱強く待ってくれ。ALL INの時と違って、先行販売に申し込んだ皆にチケットが用意されるし、登録は週末まで受け付けている」

 

⇒NEXT

 

Related Post

sponsored link