[後編]忙しい人向けのAEWチケットアナウンスメントパーティー概要雑訳・まとめ//副社長ケニーオメガのスピーチ、クリスジェリコ登場等

Photocredit: AEW

続・AEWアナウンスメントパーティー概要

⇐PREV

 

〇ブランディ・ローデス登場。本日誕生日を迎えたらしい彼女の兄:ジェイソンへのチャントを要求。「ここでハイライトを当てたい日本の女子選手が二人いるの。一人は東京女子プロレスの坂崎ユカ。二人目がアジャ・コング」とまさかの衝撃発言。二人ともDOUBLE or Nothingに出場する様子。

 

続いて友人としてカイリー・レイを紹介。「ドレス買ったんだけど、寒過ぎて…」「AEWが業界を変えていこうとしてることにも、そんな団体に初めから関われることにも心の底から感謝しているわ」

 

 

更にナイラ・ローズが登場。握手を申し出るカイリーを拒絶したナイラの間でヒートアップ、観客からは”闘わせろ!”というチャントも飛ぶ中2人はセキュリティ一によって引き離される。

 

〇エクスカリバーが同郷の友人としてSCUを紹介する。ラスベガス is the worst town i’ve ever been!の合唱。

 

 

AEWはコラボレーションの団体だと述べたエクスカリバーがOWEを呼び込む。OWE副社長のマイケル・二ーとCEOのドラゴン・フー、CIMAが紹介される。

クリストファー・ダニエルズがCIMAや彼との歴史について軽く紹介し、DoNでの試合を要求!CIMAは挑戦を受託、シークレットパートナーを2人連れてくることに。最後に両者は握手。

 

〇スマブラの○○参戦!の構図でケニー風影絵が公開。そしてケニー・オメガ登場!肩書きはヤングバックス・コーディ同様副社長。そしてその表情は晴れやか。

 

「まず、発表までに信じられないくらい長い間待たせてしまったのを謝らなきゃね。これは決して俺の意図したところではなかったけれど、色々あってね。

法的関係から、今朝ようやく契約書にサインできたんだ。これで俺も晴れてAEWのフルタイムのロースターだよ。

 

2016年、俺とニック、マットはELITEとして世界を変える役目に着手し始めた。そして全力を尽くしレスリングワールドに、素晴らしいファン達に与えてもらったもののお返しして来た。そう、俺達の旅は決して終わらない。ただ、日本での旅は終わらせなければいけなかったんだ。

 

世界は大きな舞台だ。だからここ、ラスベガスは凍るほど寒いよね(笑)。それについても謝らないといけない。まあ俺のカナディアン・ジーンズは心地好いけど。

今、俺達がカンファミリーから、君達一人一人から受け取ったこのAEWというプラットフォームをどんどん大きく、より良いものにしていかなければならない。俺達は止まってはいられないんだ。

 

よくインタビューで聞かれていたんだ、「ケニー、”CHANGE THE WORLD”ってどういう意味?」ってね。それを直ぐに言葉にすることはできなかったけれど、心の奥では理解していた。
そしてALL INが成功した時、皆が”CHANGE THE WORLD”という言葉の本当の意味を理解したのが伝わってきたよ。

 

これからは言葉で説明するよりも、AEWのキャスト・タレントがどのように世界を変えていくのか。それをついにお見せすることができるようになる」

 

〇と語っていたら毎度お馴染みJudasが鳴り響く!壇上で向かい合うケニーとクリス・ジェリコ。その後乱闘になり、客席からは「闘わせろ!」「リマッチ!」等のチャントが飛び交う。

2人はビリー・ガンやBJホイットマー、コーディに引き離され、ケニーはその場に残されたジェリコの帽子を被り(ここで「似合ってる」チャント)締めマイク。

 

「このお気に入りのセリフを言うのに2ヶ月もかかってしまった。みんなにも一緒に言って欲しいんだ…(ここでマイクトラブル、照れ笑い)。

“Good bye and Good night”! Bang!」

 

最後、ケニーはプールサイドを周回しファンとの握手、セルフィー等のファンサービスをこなし番組終了!

 

 

sponsored link

Related Post

sponsored link