アレイスターブラックが昇格時に語ったNXT時代、精神面の課題と向き合ってきたことや妻・ファンへの感謝について

アレイスターブラック NXT
Photocredit: WWE
上げ忘れていたものなのでやや古いですが、アレイスター・ブラックがNXTを去る際に語った言葉の全訳です。精神面の問題=メンタルイシューを少しずつ克服していった経験と、ファンへの感謝について振り返ります。

 

NXTでの数年間はジェットコースターのようだった。3年近く、俺は心理的にも身体的にも問題を抱えながらやってきた。不安感やパニックアタックに苛まれながらも、ストレス負荷が高い環境で成長してきた。

 

君たちの大多数はリングの中の世界だけを見てきて、裏で実際何が起こっているのか知らない。もし君たちがこの世界の本当の仕組みを知っていたなら、多くはそこまで強固な意見や批判を振りかざすことなんてできないと強い確信を持って言える。

 

君たちは「自分は物を分かっている」と思っているが、実際はそうではない。俺は時折傍観者の立場から、人生の進む速度が、物事が移り変わる速度が─まさにNXTでの時代が終わりを迎える速度が、いかに速いかということに気付かされる。

 

いつだって俺は人々を置き去りにしてきて、人々もまたそうだった。有害な、許容できないような人々との関係を捨て去って、俺は新たな人生観を得ることとなった。

素晴らしい人間であるカーラ(※多分カウンセラー)による果てしないセラピーとコーチングの後に、俺はようやく古き習慣から抜け出すことができた。つまり、ここ数年間の自分自身こそが、自らの少年時代や10代の頃に起こった出来事から前に進むことができなかった有害な人間だった。それが真実だ。

 

もし知る全てが嘘と欺瞞であったなら、自身の怒りと悲しみを理解するために、自分自身が嘘と欺瞞になってしまうんだ。

 

俺は長らく”キング・オブ・セルフサボタージュ(*)”を自称してきた。人は自分自身に何かを長年伝え続けると、それを信じ込んでしまってそこから逃れられなくなる。

俺は今でも、人々にしたことと…奇妙にも、自分に対して人々にさせてきたことにも強い罪悪感を感じ、日々向かい合っている。自らを危険に晒しながらも、その状況を変えるために何をするでもないような状態だったんだ。数か月前、先述した人のおかげで自分自身を少しずつ赦せるようになるまでは。

 

その変化の大きな部分を担ったもう一人の人物は妻だ。彼女は「出来るだけ若い内に死のう」と思っていた自分の人生観を、「執着する価値のあるもののために、頑張ろう」という風に変えてくれたんだ。

 

まあその話はここまでにするとして、俺は今、キャリアにおける新たなチャプターに立っている。しかしながら、俺は君たちが、ファンがどれほど大切か、言葉で表せない程だ。もし俺が一人で全力を尽くしたとしても、(ありきたりに聞こえるが)君たちのサポートなしにはここまで来ることは決して無かっただろう。

普段は口数の少なさで知られる人間が多くの言葉を綴ったが、俺にとっては大切なことなんだ。押忍。

 

*セルフサボタージュ(self-sabotage)
自己破壊的なニュアンス。具体的に言えば「自らの目標や成功に近づいた時に、自分自身でその成就から遠ざかったり妨げになったりするような行動を起こすまたは感情を抱くこと」といったところ。

 

sponsored link

View this post on Instagram

It’s been a ride NXT, a hell of a ride. In less than three years I went from psychological and physical problems, anxiety and panic attacks to thriving in an high stress environment. The majority of you only see the actual in-ring work and none of what goes around or behind it. I can tell you with full conviction that if you knew how this world truly works the majority of you wouldn’t have such a high strong opinion nor give the criticism that some of you give. You think you know, but you really don’t. I often sit back and realize how quickly life moves and how fast things come and go and just like that the era of NXT has come to an end. In the entire period I left people behind, people left me behind, I got rid of toxic people and I gained a new outlook on life. After tons of therapy and life coaching by the wonderful @carla_bruins I am finally moving away from old habits because the truth is that I myself have been a very toxic individual for years that couldn’t move passed his childhood and events that occurred in teenage years. If all you know is lies and deceit you become lies and deceit to understand your anger and sadness. I used to call myself the king of self sabotage and if you tell yourself something long enough you’ll believe it and don’t move away from it. I still deal with a lot guilt for things I have done to others as well as strangely feeling guiltIy for letting others do that to me as well, it’s like you let yourself get compromised but do nothing about it to change it, until a few months back when I learned to slowly forgive myself thanks to aforementioned person. A big part of that change is also due to my wife who’s changed my outlook on life from trying to die as young as I could to holding on to things that are worth holding on to. But enough about that, we’re here for the next chapter of my career. However I cannot stress how important it is that you, the fans, were there. I could’ve tried my hardest but without your support (as cliche as that sounds) this would’ve never gotten as far as it did, and obviously beyond that… Lot of words from a guy who’s known for being quiet, but hey, that means it’s important to me. Osu.

Aleister Blackさん(@aleister_black)がシェアした投稿 –

 

sponsored link