ダニエル・ブライアンの復帰に対する選手達の反応ツイートまとめ

Photocredit : WWE
すっかり投稿するのを忘れており時期を逸した感がありますが、ダニエル・ブライアンの復帰に対しての選手達の反応をまとめていました。WWEスーパースター達の反応が多いですが、インディー時代を知るファンにはニヤッとできる要素も多め。思い出したら追記します。

 


ダニエル・ブライアン
「リングへ別れを告げたことは人生で最も辛いことのひとつだった。でも、自分を支えてくれた素晴らしい人々のおかげで夢に向かって闘い続けることができた。この瞬間は非現実的に感じるけれど、みんなに今夜のスマックダウンの開幕を告げられることを嬉しく思う」

 


ザ・ミズ
「Oh、ブライアンに復帰許可が出たって。やったな。」
※ミズはブライアンのNXTでのメンターとして知られ、現在YESキックを勝手に継承使用している

 


シェイマス
「ダニー・ボーイ、おかえり」

 


シェイン・マクマホン
「リング復帰許可、おめでとう。我々一同、あなたを再び迎え入れられることを嬉しく思うよ。#YESYESYES」

 


ケビン・オーエンズ
「おめでとう。ニューオーリンズでのWM30においてお前が世界王者になった夜、俺は観客の一人としてそこにいたんだ。シアトルでお前がリングから引退することを発表した夜には、俺はステージ上に。今夜、ダラスのアリーナで復帰の発表を見るのが待ちきれないよ」

 


AJスタイルズ
「ダニエルについて、これ以上嬉しいことはない。リングから遠ざかっていた二年間は永遠のように感じたに違いないだろう…でも今日、彼は彼の居場所に戻ってきたんだ」

 


シンスケ・ナカムラ(中邑真輔)
「これはグレートニュースだ。もう誰も祈る必要なんてない、彼らは自身の目でそれを目撃することができるのだから。#NakamuravsBryan」
※ナカムラとブライアンは新日本プロレスロス道場時代にルームメイトであった。現在でも仲が良く、以前から互いに対戦を熱望している間柄。

 


カート・アングル
「そうしたらブライアンは試合ができるようになったんだね…うーん、それはとても好ましいな。#itstrue #WM35」

sponsored link

 


ペイジ
「キャリアの終わりのようにも見える怪我を乗り越え、万全の状態で再びリングに上がる準備ができたこと、おめでとう。実在するスーパーマンね。あなたは多くの人々に情熱を諦めないという希望を与えたわ!感激」
※ペイジもまた、自身の首に引退級の負傷を抱えているものの、非情な現実に屈さず何とか現役復帰する道を模索している最中である。

 


ルネ・ヤング
「ブライアンのこと、とても嬉しいわ!彼のエントランスのあの素敵なビートが鳴り出した時の観客の反応を聞くのが待ちきれないね」

 


セス・ロリンズ
「これはスポーツ界で初めてのことかもしれない。だから俺はブライアン自身と、コンタクトスポーツのアスリートにおける頭部外傷に関する研究やリハビリに対し何を意味するかということにワクワクしているよ」

 


エイデン・イングリッシュ
「なんてルセフデイのサプライズなんだ!歴史上でも最高の試合復帰がついになされる」

 


カイル・オライリー
「復帰を聞いてとても嬉しくなったよ。自分のドリームマッチが実現する可能性が出てきたから…ってだけではなく、素晴らしい人がついに彼の生き甲斐とするところに帰ってこれたからだ。おかえりなさい」

 


ドレイク・マーベリック
「おめでとう、”アメリカン・ドラゴン”」
※アメリカンドラゴンはブライアンのマスクマン時代のリングネーム。

 


https://twitter.com/MsCharlotteWWE/status/976185053016395776?s=19
https://twitter.com/mauroranallo/status/976177262520360961?s=19

 

様々な選手の反応を見ていると、ブライアンがいかに人々に慕われていたかがよくわかります。そしてどれだけ多くの選手達にその首を狙われているかも……

 


チャド・ゲイブル
「親子タッグか?」
※元相方のジョーダンがRAWGMカートの息子だったということが発覚するアングルになぞらえての発言

https://twitter.com/SexyChuckieT/status/976500783326769152?s=19
チャッキーT(チャック・テイラー)
「ヘイ、ダニエル・ブライアン。俺は今ROHと新日に出場していて、PWGのチャンピオンでもあるんだ。インディーはマジでクソみたいになっちまった、早くこっちに来て俺たちを助けてくれ」

 

ケニーがブライアンの復帰について語ったインタビューはコチラ

sponsored link