クリス・ジェリコが語るケニー戦と内藤戦の違い、新日本で働くことを告げてから今に至るまでのビンスの反応

Dominion大阪城ホール大会直前に録られたミニポッドキャスト。当サイトの名前の由来にもなったジェリコの戴冠記念企画第一弾として投稿。

 

Sirius XM’s Busted Open 06.09.18 w/Chris Jericho

 

ジェリコにとってのケニー戦と内藤戦の違い

アルファ vs オメガ、クリス・ジェリコ vs ケニー・オメガはどちらも外国人による試合だった。勿論多くの日本の人々はケニーを愛しているだろうし、俺達には素晴らしい歴史もあった。

 

が、内藤は本物のベビーフェイス・スターだ。2001年のザ・ロックや2010年のジョン・シナにも匹敵するんじゃないかな。

そんな風に彼は人々みんなが愛するスーパースターだから…俺が一ヶ月前に内藤を襲撃した時、子供達や女性達はマジで泣いていた。それを見て俺は思った、今、プロレスは俺の愛する姿─素晴らしいベビーフェイスとそれに対峙する素晴らしいヒール、という構図に戻っているんだ。

 

ケニーとの試合はただ二人の男のファイトに過ぎなかったが、今回は違う。今度はよりオールドスクールな「良い奴 vs 悪い奴」「地元のヒーロー vs 悪の外国人」という形になるんだ。それはつまり、俺はもっとクレイジーになっていいということだろ?

 

ジェリコとビンスと新日本

ビンスに新日本プロレスでの初試合、オメガ vs ジェリコについて電話で伝えた時、彼は快く受け入れてくれた。その後「もう一戦やる」と言った際にも特にネガティブな反応もなく、まだ支持してくれていたよ。

だが、今はもしかしたらほんの少しだけ問題になっているかもしれない。やっぱり(新日は)WWEではない会社だからね。そして彼がありとあらゆる会社を真剣に捉えていることも俺は知っている。

 

「クリス・ジェリコはWWEのとても大切な一員であり、新日本プロレスでもワールドの会員数や売上を飛躍的に増加させたようにとても大切な一員である」。これで俺にとっては全てがクールなように見えるんだがな。このまま新日本との関係を続けていけば、いつの日か電話がかかってくるかもしれないと思うよ(笑)

 

その時まで、俺は他とは違う、こういう生き方を楽しみ続けるだけさ。ジェリコはいつだって自分のやりたいことをする。俺は今自ら評判を高め、世界中のファンや団体との間に信用を築いているからな!

 

sponsored link

Related Post

sponsored link