”金を稼げる男”クリス・ジェリコがWK12のドリームマッチ直後に語った売上や新日本での将来

photocredit : 私

  Busted Open Radio 01/10/18   w/ Chris Jericho

 

  トップネームやメインイベンター、ホールオブフェイマーになるためには金を稼げる人間じゃないといけないんだ。Alpha vs Omegaの試合はおそらく俺にとっての”金を稼ぐ”最大の例になったんじゃないかな。
  人々がどう思おうと、WWEやレッスルマニアはブランドだ。今日、WWEは最大の集客・魅力を誇ると思っている。ただしレッスルキングダムは違う。新日本には、Alpha vs Omegaがアナウンスされることによって達成された確かな目標があったからだ。これが達成されたのは完全に俺のおかげだよ、俺は数字を持っている男だからな。毎日「チケットの売上はどうなった?最新の売上は?」と電話をかけたよ。

 

  今年は35000枚もの有料券を売った。去年は26000枚だった。団体の今年の目標は28000~30000枚くらいだったかもな。俺は「どうして彼らは50000枚を目標にしないんだ?」という気持ちだったが、結果として彼らの見立てより7000枚多く、昨年より殆ど10000枚も多い35000枚ものチケットが売れたんだ。
  それに加えて、新日のサブスクリプションサービス(新日本プロレスワールド)の登録者数は信じられないほどに伸びた。元の会員数の35%にも及ぶだけの人がレッスルキングダム12の前二日の間に登録したんだ。俺はその増加に大きく貢献した。その時登録した人の全員が全員、今後も会員として残るとは思えないね。
  それに、東京ドームに2500人ものアメリカやイギリス等様々な国から来日した客を入れた。今時自国の観客でも2500人も集められるインディー団体は少ないのに。本当に信じられないことだね。

  これら全てのことがAlpha vs Omegaという試合がレスリングファンにとってのメイウェザーvsマクレガーのような、金になるカードだってことを証明してくれている。それは俺の誇りだよ。

 

  WWEが数か月前に「二流のPPV」でストローマンvsレスナーvsシナvsレインズの試合を組んだ時、俺は「このレスリングワールドで行える最大の二試合の内一つが終わった。残すドリームマッチはAlpha vs Omegaだけだなんて最高のボーナスじゃないか!」と思ったね。ようするに、この試合よりホットな試合はこの世に存在しないんだ。

  新日本との今後の付き合いに関してては順調に進めていく必要があるな。内藤は俺にとって非常に興味深い存在だけど、自分自身を安売りしたくはない。つまりは、G1のような長期のトーナメントには出ないということだ。俺はありふれた男じゃなくて、新日本プロレスにおけるブロック・レスナーのような立ち位置になりたい。ファンから”彼は決してそこにはいないが、もし仮にそこにいれば、多大なインパクトを残して行く”と思われたいんだ。
  その話の延長線になるかもしれないが、俺が次にレスリング的にしたいことは何なのかということを再評価しなければならない。タイミング的にできることは何か、身体をどうやって維持するか、みたいなこともね。

 

  多くの人々がケニーとの試合を俺のキャリアベストマッチだと言ってくるが、これは全く予想していなかったことだ。そりゃあいい試合になるだろうとは思っていたけれど、ここまでとは誰が予想できた?これには別次元の興奮があるね。
  俺は今一度、頭を使って賢い行動をとることで本当にクールなポジションを見出すことができた。俺が思うに、賢い行動をとるには…状況をよく見て、世の情勢を見極める必要があるだろうな。

 

sponsored link

Related Post

sponsored link