セスロリンズ「ジョンモクスリーがWWEを去る時に残した言葉」、アンディスピューテッドエラ「理想の対戦相手・4人の絆」、トマソチャンパ「医者に言われた言葉」

セスロリンズ ディーンアンブローズ(ジョンモクスリー)
Photocredit: WWE

ジョンモクスリーがWWEを去る時に交わした言葉

セス・ロリンズ「彼は俺に暖かいハグをして、「愛してるぜ、兄弟。これは一生の別れじゃない。いつかまた会うだろうさ」と言ったんだ。俺達はこれからも繋がっているし、彼の成功を祈ってる。みんなはまだ俺達の関係の終着点を目にしてないんだ。

 

俺はアイツと、この先どこかでまた拳を合わせることになるって確信してるよ。再会がいつになるとか、ハッキリしたことは言えない。だが、うまく言葉に出来ないけど…俺達はこの先も永遠に固い絆で結ばれた兄弟のままだって確信があるんだ。

 

SHIELDの再結成が起こるかなんて誰もわからないだろうが、never say neverさ。俺はただ直感的に、アレが俺とディーンアンブローズの最後じゃないって感じただけだ」

 

(From: 19.06.13 wrestlingac)

 

復帰を目指すチャンパの歩み

トマソ・チャンパ「2018年3月、医者達は「12週間で3回も大きな手術をして、それなりに戦える水準で戻った選手はいない」と言った。だが俺は戻り、キャリアでも最も成功した王座政権を築いた。

今週、俺はレッスルマニアウィークに行われるテイクオーバー:ニューヨークのメインイベントに、NXTチャンピオンとして登場するための準備をしていなければならないはずだった。この試合は他の誰の理解よりも遥かに、俺にとって意味のあるものだった。

 

だが、チャンスは奪い去られてしまった。

2019年3月、医者達は「もし復帰できたとしても、完全な引退も時間の問題だろう」と言った。物語は続く…」

 

(From: Twitter 04.01.19)

 

アンディスピューテッド・エラの雑談(古記事)

 

UEに女性選手を入れるなら?

カイル・オライリー「トリッシュ・ストラトスと言おう。少年時代から彼女に首ったけだったからね」

アダム・コール「俺は彼女のブリット・ベイカー(※現AEW所属の選手兼歯科医さん)、ロディは奥さんのマリーナ・シャフィール(※MMAフォーホースウィメンの一人)を選ばなきゃね。俺達は皆現実的な物の見方をする。ようこそ、アンディスピューテッドエラへ」

ボビー・フィッシュ「俺もガールフレンド連れてきても?」

 

レッスルマニアにおける理想の対戦相手

フィッシュ「ビンス・マクマホンを出しな。俺はまずトップを落としに行く。無駄な時間を浪費したりしないぞ」

オライリー「ダニエル・ブライアン。何もおかしなことはない、ガチの試合だ」

コール「今や彼は復帰(※豪興行直後のインタビューだった)したんだから、そりゃあショーン・マイケルズだよ」

ストロング「一番はカイルに取られちゃったけど、俺はAJスタイルズとやらなきゃいけない気がする」

コール「自分で言うのもなんだけど、とんでもなく素晴らしいカードのレッスルマニアになるな」

ストロング「あと8人タッグもやれる。ビンスチーム対俺達だ」

 

4人の絆とウォーゲーム

ロディ「去年は敵だったのに…何か不思議な感じだ」

コール「今回のウォーゲーム戦の目標はロディにケージの上からスープレックスされないことだな!」

ロディ「(笑)それはきっと達成できるよ」

コール「わからないだろ!」

サム・ロバーツ(インタビュアー)「いい着眼点だ。ロディは以前パートナーを裏切ってるから…」

4人「Oh〜〜〜(笑)」

ロディ「落ち着いて!俺達はパートナーじゃない、フレンズだから!」

コール「(笑)絆は断ち切れないよな」

ロディ「何百万回も言ってると思うけど、俺達は長い間みんなで世界中を飛び回ってきたんだ。規模が随分大きくなっただけ」

オライリー「TV上で演じているキャラじゃなくて、俺達の絆は正真正銘本物だよ」

フィッシュ「その通り。ロディが同じ側にいるのはとても自然な事のように感じる」

(From: Ringside fest 10.30.18)

 

sponsored link